サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

ワインは冷やして飲んだ方が美味しいのか

白ワインは冷やして、赤ワインは常温でと言いますが実際のところはどうなのでしょうか。ロゼワインは?スパークリングワインは?美味しく飲める適温とその方法をご紹介します。

赤ワインは常温でと言いますが実際のところはどうなのでしょうか

ワインは冷やすか冷やさないか

赤ワインは常温でとよく言われますが、この常温というのはヨーロッパのクーラーもない時代のワインを管理していた部屋の温度のことを指します。

いわゆる洞窟をイメージしていただいたらわかりやすいです。夏でもひんやりと感じることができる14~17℃です。

ワインにはタイプに応じて適温があります。適温を知るには「酸味」「タンニン」「甘み」に注目してみましょう。

酸味は温度を下げることで引き締まり、上げることでぼやけてきます。タンニンは温度を下げると渋みが硬く感じられ、上げることでまろやかに感じることができます。

甘味は温度を下げるとさっぱりとしてきますが、上げるとしまりがなくなってきます。

したがって、ボージョレ・ヌーボーのような酸味が多くタンニンが少ないタイプは、赤ワインでも冷やした方が美味しいと言えます。

白ワインでも酸味が穏やかでまろやかなタイプは比較的高めの温度でいただきます。また泡が命のスパークリグワインは、泡のきめ細やかさを味わうため、冷やした方が美味しく感じられます。

詳しくはこちらの適温表を目安にしてください。

スパークリグワイン 6〜8℃ 
白ワイン(甘口) 6〜8℃
白ワイン(辛口) 6〜12℃
白ワイン(コクあり) 10〜14℃
ロゼワイン(辛口) 8〜10℃
ロゼワイン(やや甘口) 6〜8℃
赤ワイン(軽口) 12〜14℃
赤ワイン(中口) 14〜16℃
赤ワイン(重口) 16〜20℃

急速にワインを冷やしたいなら冷凍庫?氷?

急速にワインを冷やしたいなら冷凍庫

ワインに適温があるのがわかりましたが、買ってきたワインを今すぐ冷やしたい!というときにはどうしたらいいでしょうか。

1つ目に簡単にできるのが、家庭用冷蔵庫で冷やすことです。

ただし、ワインは振動と温度変化に弱いので、開け閉めのたびに温度変化の影響を受けやすい入り口付近は避けましょう。

また臭いを吸収しやすいので、臭いの強いものからは避け、比較的振動が少ない野菜室がおすすめです。

2つ目に試したいのが、氷を使った方法です。ワインは氷水をはった容器に漬け込むと、1分あたり1℃下がるというデータが出ています。

例えば26℃の室温の部屋で6℃までワインを冷やしたければ、20分氷水に入れて待ちましょう。

バケツや洗面器のような大きな入れ物に水を貼って氷を入れて冷やします。コツは、静かにくるくると瓶を回しながら冷やすことです。

こうすることでより一層早く冷えます。急速に冷やしたいのであれば氷水を使うのがおすすめです。

ワインクーラーという、ワインを瓶のまま冷やすための容器を使うこともおすすめ。金属製やアクリル製など様々なタイプのものがありますよ。

おしゃれなワインクーラーはインテリアにもなって、ワインライフを楽しめます。

ワインを保管する道具!ワインセラーは家庭用もある

ワインセラーは家庭用もある

ワインを適温にする方法を身につけたら、いつでも飲み頃のワインを家に保管しておきたい!と思いますよね。

ワインセラーというワインを保管する専用の道具があるのをご存じでしょうか。温度変化や振動に弱い、湿度が必要といったワインの特徴に応じた造りをしています。

ご家庭用で探されるのであれば、以下のポイントに注目してください。

・保管本数
6本用のコンパクトなものから120本以上といった大型のものまでさまざまです。購入される頻度と飲まれるペースを考慮して選ばれるといいでしょう。

実際に買われた方のコメントを見ていると、買い増しをしてしまうので、ワイン好きの方なら24本以上は欲しいところのようですね。

・機能面
ワインセラー内は15℃前後、湿度70~80%に保たれ、ワインの熟成に理想的な環境です。また、光・振動もある程度予防でき、劣化を防ぐことが出来ます。

ワインセラーは数十年寝かせることを前提とした長期保存向けです。

・冷却方式
代表的な冷却方式が3種類あります。

コンプレッサー方式
家庭用冷蔵庫と同じく冷媒の冷却にコンプレッサーを使用しています。冷却機能は高いのですが、振動が大きいのが難点。

アンモニア方式(熱吸収方式)
アンモニアが気化するときに熱を奪う原理を活かした冷却方式です。振動が少ないのが利点ですが、消費電力が高くなります。

ペルチェ方式
半導体に電流を流すことで熱を調整します。振動が少ないのが利点ですが、消費電力が高くなります。冷却能力は低いので小型向き。

まとめ

ワインを美味しく飲むには実は温度がとても重要です。まずは個性を引き出すためのタイプ別目安温度に設定をして、お好みで調整してみましょう。

急いで冷やす方法を身につけておくと、いつでもワインを最大限楽しめますね。ワインをいつも最適の状態で保管したい!という方は、ワインセラーも検討してみてはどうでしょうか。

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインをおいしく飲むならワインクーラー

2018.2.1

この記事ではワインクーラーについてご紹介しています。聞いたことはあるけどワインクーラーっていったい何なの?と感じている人やワインクーラーを使用するメリットって何なの?と感じている人も多いのではないでしょうか?

ワインを美味しく飲むための正しい温度とは?

2018.2.1

せっかくワインを飲むなら正しい飲み方、一番おいしい飲み方を知っておきましょう。ワインにはマナーがあります。レストランでワインを飲む際にはテイスティングを求められることがあるので知っておいた方が良いでしょう。

ワインをおいしく飲むための保管方法って?

2018.2.1

ワインをお家で飲まれている方!ワインを購入後すぐ飲み切ってしまわれる方は良いのですが、飲みきれなかったり、その日にまだ飲まない場合、あなたはどのように保管されていますか?ワインはとても繊細なもの。