サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

ボージョレ・ヌーボーの味わいって?

赤ワインといえば、有名なのがボージョレ・ヌーボー。フランス産のワインで、毎年そのできばえが話題になります。

口にしたことがなくても、名前だけは耳にしたことがあるでしょう。他のワインと味はどう違うのでしょうか。ニュースにもなる味わいについて知りましょう!

ボージョレ・ヌーボーとは

ボージョレ・ヌーボーとは

ボージョレ・ヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方の丘陵地帯、ボージョレ地区で造られます。

ちなみに、ヌーボーはフランス語で新酒の意味。つまり、ボージョレ地区で造られたフレッシュなお酒ということです。

ボージョレ地区は起伏のある地形で、標高は高いものの日当たりがよく、質の良いワインを造るのに最適な場所です。

ただ、ボージョレ地区で造られたワインが全てボージョレ・ヌーボーという訳でもありません。

ガメイ種を使用し、かつその年収穫されたブドウで造られるワインのみボージョレ・ヌーボーと呼ばれます。

ガメイ種は黒ブドウのため、造られるワインは赤である印象が強いですが、中にはロゼも造られています。

しかし白ワインは、ボージョレ地方で造られていたとしても原料に白ブドウを使用する必要があるため、ボージョレ・ヌーボーとは呼びません。

そして、ボージョレ・ヌーボーといえば解禁日のあるワイン、というイメージも強いですよね!

ボージョレ・ヌーボーの解禁は毎年11月の第3木曜日。しかし過去をさかのぼると、当初は11月11日が解禁日でした。11月11日が解禁日だった理由は2つ。

縁起の良いとされていた聖マルティヌス(サン・マルタン)の日だったこと、そしてボージョレ地区で最も早く収穫されたブドウからワインが完成する時期がいつもだいたいこの頃であったためです。

ところがその後、聖マルティヌス(サン・マルタン)の日から無名戦士の日へと変わってしまい、11月11日を変更することに。次に解禁日として挙がったのは11月15日でした。

11月15日は11月11日から一番近い別の聖人、聖サン・タルベールの日だったのです。しかし、日にちを固定すると、フランスのワインショップの定休日と解禁日が重なってしまうという問題が発生。

これではせっかくのボージョレ・ヌーボーの売れ行きが年によって大きく差が出てしまいます。

この問題を解決すべくフランス政府が1984年にボージョレ・ヌーボーの解禁日は「毎年、11月の第3木曜日」として毎年変動する解禁日を設定したのです。

ボージョレ・ヌーボーだけの醸造法と味わい

ボージョレ・ヌーボーとは

新酒というイメージが強いボージョレ・ヌーボーですが、大きな特長はその醸造方法にあります。通常は、収穫後のブドウを軽くプレスしてつぶしてから、発酵させます。

一方、ボージョレ・ヌーボーはマセラシオン・カルボニック法(炭酸ガス浸潤法)という方法で、ブドウをつぶすことをしないで、そのまま専用のタンクにどんどん入れます。

一番下のブドウはブドウ自体の重みによってつぶれ、果汁が流れ出ます。その果汁が自然と発酵を始めるのです。

発酵が始まると炭酸ガスが発生し、タンク内は炭酸ガスで満ちます。その後、まだつぶれていないブドウからアルコールやアミノ酸などが生成されます。

ご紹介した方法は、マセラシオン・カルボニック法(炭酸ガス浸潤法)の中でも、自然に炭酸ガスを発生させる方法。

この炭酸ガスを外から注入する方法もあり、どちらもボージョレ・ヌーボーの醸造方法です。

マセラシオン・カルボニック法(炭酸ガス浸潤法)によって造られたボージョレ・ヌーボーだからこそ、新酒であっても深みのある色合いのワインに仕上がります。

また、色味のわりに渋みは少なく、まろやかかつフレッシュな味わいになるのです。

ボージョレ・ヌーボーの美味しい飲み方

ボージョレ・ヌーボーは、お伝えした通りフレッシュな味わいが売りのワイン。
なので、寝かせるほど美味しくなるイメージがワインにはありますが、ボージョレ・ヌーボーの場合は逆。

フレッシュなうちにいただくのが正しい飲み方です。購入後はなるべく早め(おおよそ2~3カ月以内)に飲むようにしましょう。

また、もともと渋みがほとんどないボージョレ・ヌーボーは、普通の赤ワインと違ってしっかり冷やした方が美味しくいただけます。

冷蔵庫で1時間ほど冷やしてから飲むのがおすすめです。さらに、やや口の狭いグラスで飲めば、豊かな香りを逃すことなく楽しめます。

食事と一緒にボージョレ・ヌーボーを楽しむ際は、フルーティーな味わいのため魚料理やサラダにも合います。また、解禁日ぐらいの時期から食べたくなるお鍋料理にもボージョレ・ヌーボーは口当たりがさっぱりしているのでおすすめです!

まとめ

毎年話題になるボージョレ・ヌーボーを知れば知るほど、その美味しさを味わいたくなったのではないでしょうか。

その年のブドウの本来のフレッシュさをぜひボージョレ・ヌーボーで味わってみてください。飲まれる際はぜひ、ボージョレ・ヌーボーの美味しさを最大限に楽しめる飲み方で。今年の11月の第3木曜日のチェックもお忘れなく!

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

目次へ

RELATED POSTS関連記事
赤ワインをもっとおいしく飲むための基礎知識

2018.2.1

ポリフェノールを多く含む赤ワイン。なぜ赤ワインがポリフェノールが豊富だと言われているかご存知でしょうか。

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

2018.2.1

ワインとお肉料理を楽しみたいならこちら。どんなお肉料理にどんなワインが合うのかご存知ですか?牛肉料理に合うのはやはり赤ワイン。