サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > たのしくお酒を > 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 > 「酔い」の仕組みとアルコール代謝 > 酔うってどういうこと?

知っておこう!上手な飲み方、付き合い方

トップへ戻る

コンテンツマップ

酔うってどういうこと?

「酔い」の仕組み

血液に溶け込んで脳に運ばれたアルコールによって脳が麻痺することが「酔う」ということです。どのくらい酔っているのか、その程度は脳内のアルコール濃度によって決まります。しかし実際には脳内のアルコール濃度は測れないので、血液中のアルコール濃度を測って判定します。

「酔い」の仕組み

酔いの状態はアルコール血中濃度によって6段階に分けられています(下表参照)。楽しくお酒を飲めるのは「ほろ酔い期」の段階までです。大脳の働きが抑えられることによって、本能や感情をつかさどる部分の働きが活発になり、解放感を感じたり、陽気になったりするのです。しかし、アルコールの量が増えるのにしたがって酔いが進み、脳の麻痺も進みます。「酩酊(めいてい)初期」「酩酊期」になると知覚や運動能力が鈍り、繰り返し同じ話をしたり千鳥足になったりします。さらに飲酒が進み、「昏睡期」になると、麻痺は脳全体に及び、呼吸困難に陥り、最悪の場合には死に至る危険性もあります。

なお、酔いの進み方には個人差があります。自分にとっての酔いの状態を知っておくことも大切です。

アルコール血中濃度は、実験的に得られた次の簡易式で求められます。

アルコール血中濃度の計算式(目安)

アルコール血中濃度の計算式(目安)

アルコール血中濃度と酔いの状態

アルコール血中濃度と酔いの状態

出典: 社団法人アルコール健康医学協会「新適正飲酒の手引き お酒と健康ライフ」

このページのポイント
  • お酒が楽しく健康的に飲めるのは、アルコール血中濃度0.1%程度まで
  • 酔いの進み方には個人差があるため、自分にとっての酔いの状態を把握しておくことが大切
やってみようチェック!!
  • あなたの適正飲酒度チェック
  • みんなで知ろう!お酒とクルマの関係
  • これはマズイ!お酒の絶対やっちゃダメ!
  • お酒のキホン!飲むならこれは知っておこう!
  • そこが知りたい!みんなが気になるお酒の疑問
  • ちょっと自慢!?意外と知らないお酒のアレコレ