サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > たのしくお酒を > 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 > 未成年者・高齢者・女性とお酒 > 未成年者とお酒

知っておこう!上手な飲み方、付き合い方

トップへ戻る

コンテンツマップ

未成年者とお酒

未成年者がお酒を飲んではいけない理由

日本では、20歳未満の飲酒は法律(未成年者飲酒禁止法)で禁止されています。それは、きちんとした医学的な理由があるからです。

人間の脳や臓器は、20歳くらいまではまだ発達途上の状態にあります。その大切な時期にアルコールが体内に入ると、脳の発達が妨げられたり、性ホルモンを作り出す機能が抑制されたり、骨の発達に悪影響が出たりします。未成年者はアルコールの代謝機能も低いため、大人に比べて急性アルコール中毒になる危険性も高いといえます。大人に比べて飲酒したときに行動抑制ができにくく、危険な行動をとるリスクも高まります。

また、未成年のうちからお酒を飲み始めると、将来、危険な多量飲酒をするリスクが高まり、飲酒に関連した事故を起こしやすくなることも知られています。さらに、アルコール依存症になるリスクが高まることもわかっています。

こうしたさまざまな理由から、未成年者の飲酒は法律で禁止されているのです。

未成年らしい飲食

大人が未成年者にすすめない

未成年者飲酒禁止法は、未成年者の飲酒を禁止するだけではなく、「親権者は未成年者の飲酒を『制止』しなければならない」「営業者は未成年者が飲むと知っていながら酒を『販売』、『供与』してはならない」と規定しています。この法律では、飲酒した未成年者が罰せられるのではなく、周りの大人の責任が問われているのです。

大人が未成年者にすすめない

しかし、実際には未成年者が飲酒をすることに対して寛容な大人が多く、ごく軽い気持ちで「お前も一杯飲むか」「少しくらい飲めたほうがいいぞ」と、お酒をすすめてしまうケースもみられます。未成年者が最初にお酒を飲むきっかけとしては、親のすすめが多いのが実情なのです。未成年者の飲酒を防止するには、なぜ未成年者がお酒を飲んではいけないのかについて、まず大人がきちんとした知識を身につけることが大切です。「少しくらいのお酒なら」という甘い考えが、子どもの将来を台無しにしてしまうことを、大人の責任として自覚したいものです。

未成年者飲酒の実態

飲酒をしている未成年者の割合は、「健康日本21」など未成年者飲酒防止のためのさまざまな取り組みによって減ってきています。とはいえ、2010年に行われた全国の中・高校生を対象にした調査(厚生労働省の全国調査)では、飲酒経験者率は中学3年生で4割程度、高校3年生で6割程度となっています。さらに、直近1ヶ月で飲酒した経験があると回答した者が、中学生で1割強、高校生で2割弱いることも事実です。(2011年3月厚生労働科学研究費補助金総合研究事業 未成年者の喫煙・飲酒状況に関する実態調査研究)

このページのポイント
  • 未成年者の飲酒は次の理由などにより禁止されている
    • 1. 成長過程の脳や体に影響が強くあらわれ、健全な発育を妨げる
    • 2. 急性アルコール中毒になる危険性や危険な行動をとるリスクが高い
    • 3. 成人してからアルコール依存症になる危険性が高くなる
  • 未成年者自身が気をつけるだけでなく、両親をはじめ、周りの大人が飲酒をすすめないようにする
  • 先生のための「未成年者飲酒防止」教育用ツール(ビール酒造組合制作)
やってみようチェック!!
  • あなたの適正飲酒度チェック
  • みんなで知ろう!お酒とクルマの関係
  • これはマズイ!お酒の絶対やっちゃダメ!
  • お酒のキホン!飲むならこれは知っておこう!
  • そこが知りたい!みんなが気になるお酒の疑問
  • ちょっと自慢!?意外と知らないお酒のアレコレ