サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > たのしくお酒を > 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 > 未成年者・高齢者・女性とお酒 > 高齢者とお酒

知っておこう!上手な飲み方、付き合い方

トップへ戻る

コンテンツマップ

高齢者とお酒

代謝できる量は若いときよりも減っている

代謝できる量は若いときよりも減っている

日本では65歳以上の高齢者が約3,300万人となり(平成26年 総務省)、4人に1人が高齢者という時代になりました。元気な高齢者が増え、お酒と長く楽しく付き合えるのはとても良いことですが、高齢化の進展とともに、アルコール依存症者の高齢化がみられるのも事実です。一般に高齢になるほど、若い世代より血中アルコール濃度が上昇しやすくなり、酔いやすくなります。つまり、お酒に弱くなるわけですから、若いときと同じように飲むのではなく、飲酒量を減らすようにしましょう。

また、高齢者には、次のような心配もあります。

  • 酔いやすくなっているので、知らず知らずに酔ってしまっていることがあり、さらに高齢者の飲酒は転倒事故につながりやすい。
  • 退職や配偶者の喪失が大量飲酒につながりやすい。退職後に飲酒の問題が顕在化する依存症の症例も多い。
  • 降圧剤などの薬を服用している割合が高く、薬によっては飲酒すると作用が増強したり、逆に減弱する場合がある。
このページのポイント
  • 年齢が高くなるにつれてお酒には弱くなるので、若いころより量を減らす注意が必要
  • 薬を常用している場合には、アルコールを併用することが可能か、病院で相談する
やってみようチェック!!
  • あなたの適正飲酒度チェック
  • みんなで知ろう!お酒とクルマの関係
  • これはマズイ!お酒の絶対やっちゃダメ!
  • お酒のキホン!飲むならこれは知っておこう!
  • そこが知りたい!みんなが気になるお酒の疑問
  • ちょっと自慢!?意外と知らないお酒のアレコレ