サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > たのしくお酒を > 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 > 健康的な飲み方 > 飲み過ぎに注意

知っておこう!上手な飲み方、付き合い方

トップへ戻る

コンテンツマップ

飲み過ぎに注意

二日酔いの原因は飲み過ぎ

二日酔いの原因は飲み過ぎ

お酒を飲んだ翌朝に不快な気分におそわれる「二日酔い」。原因は、大量のアルコールを摂取し、アセトアルデヒドが肝臓で十分に処理されないことです。

アルコールやアセトアルデヒドの影響で、動悸や頭痛などの症状が起きます。アルコールやアセトアルデヒドによって胃の粘膜が荒れ、胃腸の動きが悪くなるため、胃痛、胸やけ、吐き気といった症状もあらわれます。のどが渇くのは、アルコールの利尿作用によって脱水症状になることや、乳酸や尿酸などの酸性物質が増加することが原因と考えられています。

さらに、体調が悪くなる身体的な症状ばかりでなく、飲み過ぎたことに対する後悔なども加わって、気持ちも落ち込んでしまいます。

お酒に弱い人に起きやすい悪酔い

翌朝起こる二日酔いに対して、お酒を飲んでから2~6時間後くらい、まだ血中アルコール濃度が高いときに起こる不快な症状が「悪酔い」です。症状は二日酔いと同じですが、二日酔いは大量にお酒を飲む人に多いのに対し、悪酔いはお酒に弱い人に起こりやすいことが特徴です。

迎え酒は体に負担をかけるだけ

迎え酒は、二日酔いになったときに少量のお酒を飲むこと。二日酔いが多少楽になったような気がするのですが、それはまさに「気のせい」で、再び血中アルコール濃度を高めることで感覚を麻痺させているに過ぎません。体にはさらに負担がかかってしまいますし、アルコール依存症への入り口になります。

二日酔いにならないためにも適量を守ること

二日酔いの原因は飲み過ぎです。お酒の飲み過ぎによって肝臓が大量のアルコールを処理できないために起きます。二日酔いに良い療法はないため、まずは適量を守るように気をつけることです。

チャンポンは悪酔いしやすいといわれますが、複数の種類のお酒を飲むこと自体が悪いのではなく、いろいろな味を楽しむうちに、どのくらい飲んだのかがわかりにくくなり、つい飲み過ぎてしまうことが原因です。

もしも二日酔いになってしまったら

水分
体内の水分が失われた状態になっているため、水分を多くとる。スポーツドリンクは体内に吸収されやすいため、好ましい。
糖分やビタミンC
アセトアルデヒドの分解に役立つ糖分やビタミンCを含むかんきつ類などの果物を食べるのも良い。
胃腸薬
胃腸が荒れて胃痛や吐き気をもよおす場合には、胃腸薬も有効。
とにかく安静に
代謝に必要な血液を肝臓に集めておくためにも、安静にすること。運動やお風呂は逆効果、基本的には時間が解決してくれるのを待つこと。
このページのポイント
  • 二日酔いは、お酒の飲み過ぎによって肝臓が大量のアルコールを処理できないために起こる
  • 悪酔いは、血中アルコール濃度が高いときに起こる不快な症状であり、お酒に弱い人に起こりやすい
  • 二日酔いに良い療法はないため、お酒を飲むときは自分の適量にとどめて未然に防ぐこと
やってみようチェック!!
  • あなたの適正飲酒度チェック
  • みんなで知ろう!お酒とクルマの関係
ケータイでチャレンジ!

お酒に関する面白くて役に立つ知識満載のクイズ。

  • 知っ得?お酒の雑学クイズ
  • これはマズイ!お酒の絶対やっちゃダメ!
  • お酒のキホン!飲むならこれは知っておこう!
  • そこが知りたい!みんなが気になるお酒の疑問
  • ちょっと自慢!?意外と知らないお酒のアレコレ