サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > サッポロを知る > サッポロビール物語 > ドイツで学んだビール醸造

サッポロビール物語

ドイツで学んだビール醸造

現在 こだわりの原料 story4 「札幌ビール」の発売 story3 開拓使麦酒醸造所の開業 story2 修業証書の示すもの story1 ドイツでビール醸造を学ぶ
story1

ドイツでビール醸造を学ぶ

ビール職人の厳しい労働に耐えての修業

中川清兵衛が修業したベルリンビール醸造会社中川清兵衛が修業したベルリンビール醸造会社

後に、開拓使で「麦酒醸造人」という職を与えられる17歳の青年、中川清兵衛が故郷の新潟をあとにし、横浜から国禁を犯しイギリスに渡ったのは1865年(慶応元)である。その後、ドイツへ移りそこで留学生総代の青木周蔵(後の外務大臣)と出会う。青木の薦めで、ベルリンビール醸造会社での修業がはじまった。当時のビール職人の労働は厳しく、土曜、日曜もなかったという。

story2

修業証書の示すもの

ビール醸造技術は折り紙つき

ベルリンビール醸造会社から贈られて修業証書ベルリンビール醸造会社から贈られた修業証書

1875年(明治8)5月、2年2ヶ月に及ぶ中川の修業は終わった。会社から贈られた修業証書に「旺盛な興味と熱心さで、ビール醸造及び製麦の研究に励み全部門にわたり知識を習得。有能で勤勉な他国の一青年を教育し得たことは大きな喜びであり、心から前途に幸多かれと祈る」と記されている。中川は8月、10年ぶりに帰国した。

story3

開拓使麦酒醸造所の開業

最初の広告コピーは樽に書かれた20文字

開拓使は1876年(明治9)6月、青木から推薦された中川を迎え醸造所の建設に着手。9月「開拓使麦酒醸造所」は完成する。サッポロビールの歴史はここに始まる。総工費は8,348円程、現在のお金に換算すれば約1億円。開業式では、積み上げたビール樽に「麦とホップを製すればビイルとゆふ酒になる」と白字で大きく書かれた記念写真が残っている。

「開拓使麦酒醸造所」開業式での記念写真
story4

北極星がマーク 冷製「札幌ビール」の発売

ドイツ醸造法の生ビールが評判となる

ベルリンビール醸造会社から贈られて修業証書1877年(明治10)の冷製「札幌ビール」ラベル

北海道初のビールは、冷製「札幌ビール」と名づけられ、1877年(明治10)9月に発売された。「冷製」とはドイツ醸造法による、低温熟成させたビールの意味のようだ。開拓使の依頼でホップやビールの成分分析を行っていた札幌農学校の教師ペンハローは札幌ビールを苦みがほどよく、なにより芳醇な香りが心地よい、と絶賛。ラベルに開拓使のシンボル「北極星」が描かれたビールは評判となった。

story4

サッポロビールの味をつくる匠たち こだわりの原料

サッポロの取り組みは世界でも少数派

開拓使に始まるサッポロビールの歴史は、おいしいビールをつくるためのこだわりの歴史でもある。その一つは徹底した原料へのこだわり。自ら大麦、ホップの品種改良を行いビールに適した品種を開発してきた。原料にこだわるサッポロのこうした取組みは、世界のビール会社でもほとんど例をみない。

サッポロを知る「大麦とホップの育種」ページへ

見学施設で体験、体感

工場、博物館、記念館とサッポロの見学施設は多彩。そこを訪れてもらえばきっとサッポロビールの良さが、実感できることでしょう。

「サッポロビール工場案内」サイトへ