サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > たのしくお酒を > SAPPOLARIS > Amamioshima

SAPPOLARIS 01 Amamioshima

  • season.March
  • weather.Fine
  • place.Amamioshima

VOL.01南の島から見る北の空、そして北極星

みなさまご存知、サッポロビールの星のマーク。このマークを掲げる以上、いつかはこんな日が来ること、我々は重々承知しておりました。そう、1876年から星を胸に携える者の宿命とも言える、星空にフォーカスした企画が始まるこんな日が来ることを。サッポロ×ポラリス(北極星)=サッポラリス。夜空に輝く星々に思いを馳せる、サッポロビールの新コンテンツの幕開けです。第一回は天体ファンの密かな憧れ、外光の影響が極めて少ない奄美大島から。本企画タイトルにも抜擢された、北の空に浮かぶ不動の恒星、北極星を望みます。

scene.01
恐怖を乗り越え
星空撮影に挑戦!

恐怖を乗り越え星空撮影に挑戦!

先日グランドオープンを迎えたサッポロビールのもうひとつの新企画、SAPPORO OVER QUALITY EXTREME。その記念すべき初回撮影に便乗し、鹿児島県と沖縄県の間に浮かぶ離島、奄美大島に上陸したサッポラリス撮影チーム。とはいえこの南の島の大自然は、時に優しく、時に非常に手厳しい。北極星撮影のためのベストポイントを散策するにも、足下には常にハブの脅威が付きまとう。特にそれがヤツらの活動時間と重なる夜間ともなれば、その恐怖はひとしおだ。そんな緊迫した状況の中、チームは北極星GETへのアタックを仕掛ける。

scene.02
まずは北斗七星
からGET

まずは北斗七星からGET

北極星を正確に観測するには、まずは北斗七星を見つけることが最優先。なぜなら北極星は、柄杓のカタチをした北斗七星の、口側の端2つの星を結んだ延長線上の5倍ほどの場所に位置するからだ。と、いうわけで、早速北斗七星GETに乗り出す撮影チーム。ちなみにこの際、懐中電灯などの使用は絶対NG。僅かな星の光を取り込むため長時間シャッターを開きっぱなしにする星空撮影では、どんな些細な光でも大きな影響を及ぼしてしまうのだ。つまり、その間ずっと真っ暗。足下にはいつハブが現れるかわからない! そんな恐怖に打ち勝ち、チームは北斗七星の撮影に成功した。

scene.03
サッポロビールの
象徴、北極星も
撮影成功!

サッポロビールの象徴、北極星も撮影成功!

北極星の位置が掴めたら、後はその勇姿を写真に収めるだけ! と、その前に、みなさんは何故サッポロビールが星のマークを掲げているか、ご存知ですか? 実はこの星のマークは、かつてサッポロビール発祥の地である北海道の開拓を進めた『開拓使』が掲げた旗、『北辰旗』に描かれていた五稜星がモチーフ。ではその五稜星は、一体何をイメージしていたか。それこそ、北の空の象徴にして今回の我々の最終目標、北極星なのだ! そんなサッポロビールゆかりの星を、いざ撮影! 先ほどと同じく完全な暗闇の中、遂に我々はその大いなる使命を完遂した!

scene.KANPAI
北の空で輝く
北極星に先駆け
南の海で輝く星の
ビールを飲み干す!

北の空で輝く北極星に先駆け南の海で輝く星のビールを飲み干す!

言わずもがな、星空撮影の舞台となる夜間は、暗くて諸々の準備なんてできたもんじゃない。ゆえに撮影準備は、日中の明るい時間に済ませておくことが天体ファンの定石。そんな星空撮影の基本の『き』に則って、我らサッポラリス撮影チームも日中早々と準備完了。とはいえ、暗くなるまではまだまだ時間がある。そんな長い待ち時間にはもちろん、サッポロ生ビール黒ラベル。これから出会う満天の星空に思いを馳せて、美しい奄美のビーチで乾杯!

column.星空観察後記

天体ファンのサッポロビール社員M氏があの夜を振り返る

「数年前から温め続け、何度もボツにされ、ようやく念願叶ったこの企画。第一弾としてサッポロビールのコーポレートマークである北極星を取り上げられたことは、感無量のひと言です。けれどその分、撮影は大変でした。初めて使う機材も多く、この成功が自分の手にかかっているかと思うと恐ろしく緊張しましたね。奄美大島の夜は都会とは比べ物にならないほど暗く、三日月すら眩しいと感じるほど。だからこそ星空は驚異的に美しかったのですが、時折聞こえる謎の獣の声、それとハブに終始ビビりっぱなしでした。撮影後半には雲も出始め、改めて自然相手の撮影の難しさを痛感。とはいえ、最大の目標であった北極星、そしてその目印となる北斗七星もキレイに押さえることができたので、結果としてはまずまずの天体写真が撮れたと思っています。もちろん普段から星空を撮影されている方々とは比較にならないので、もっとチャレンジしないとですけどね。季節ごとの星雲や惑星にも挑戦し、みなさんが見たことがないような素晴らしい星空をお届けしたい。そしていつか新しい星を見つけ、これを見ているみなさんと一緒に祝杯をあげられたら最高ですね」。

area.奄美大島

※撮影場所は許可を得て自然保護に十分配慮し撮影し、きちんと清掃を行っています。また、一般の方の立ち入りが規制されている場所が含まれます。
※各シーンの描写は撮影上の演出であり、許可を得た上で安全に十分配慮し撮影しています。また、一般の方には規制されている行為を含みます。