サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > 商品情報 > サッポロの焼酎サイト > 小正醸造

本格焼酎

小正醸造

写真:鹿児島県日置市 小正醸造|芋焼酎の本場鹿児島にある創業120年を越す老舗蔵元

小正醸造について

「からり芋」の醸造を手がけるのは芋焼酎の本場・鹿児島の「小正醸造日置蒸溜蔵」です。明治16年創業、120年を超える伝統蔵元である小正醸造の伝統の技と魂は、「からり芋」の美味しさにもしっかりと生かされています。「からり芋」は「蔵元の技術」と「原料」に特にこだわり、契約農家から仕入れた鹿児島産の「黄金千貫(こがねせんがん)」を100%使用しています。旬の風味と香りをどうぞお楽しみ下さい。

小正醸造のからり芋づくり

畑を育てる

芋はすべて契約農家の方の畑で獲れたもの。その土は幾度も深く耕やされ、日光をしっかり浴び、酸素をたっぷり含んだ健康な土。そして畑ごとに最適な肥料を施すなど、よい焼酎造りのために畑作りからはじめています。

旬を生かす

原料に使われる芋は、鹿児島県産の「黄金千貫」100%。契約農家の方が芋成熟時期を見きわめて収穫、翌日には蔵元へと運ばれます。焼酎の出来を左右する芋の「旬」、そして「鮮度」にしっかり気を配っています。

質を極める

蔵元に運ばれてきた芋を、まずチェック。そして、洗浄時に傷んだ部分を一つ一つ手作業で丁寧に除去していきます。良質な黄金千貫のさらに良いところだけを厳しく選別して、原料に使用しているのです。

造りにこだわる

麹は白と黒の2種類を使用。さらに、独自の蒸留器を用い芋本来の風味を残してきれの良い後味に仕上げました。水は、シラス台地でろ過された蔵の地下水を使っています。
地図:鹿児島県日置市 小正醸造
おすすめ情報
  • 黄金千貫旬仕込 - 写真で見る芋づくり
このページの先頭