サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ

ホーム > 会社情報 > ニュースリリース > 2017年 > 西日本で好評だったSNSキャンペーンをバージョンアップ「声に出して愛を贈ろう!」キャンペーンをスタート(2017年9月5日)

西日本で好評だったSNSキャンペーンをバージョンアップ「声に出して愛を贈ろう!」キャンペーンをスタート~方言で楽しめる!音声で贈る”愛”のメッセージ動画~

このニュースリリースに関するキーワード :

2017年9月5日

 サッポロビール(株)は「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」を、2017年9月5日(火)より全国へ販売拡大することを記念して、「声に出して愛を贈ろう!」キャンペーンを同日より開始します。

 「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」は、南日本酪農協同(株)が販売する「愛のスコール」とのコラボレーション商品として、サッポロビール(株)が本年3月14日(火)に西日本エリア限定(注1)で発売開始したお酒です。「愛のスコール」のおいしさはそのままに、シュワッとしたはじける甘酸っぱさと、キレの良い後味で、すっきりとした味わいが特長です。先行発売した西日本エリアでは、発売3ヶ月で年間目標販売数13万6000ケース(注2)を達成し、多くのファンの皆様からご要望を受けて、このたびの全国発売に至りました。

 今回は「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」を全国的に盛り上げていくべく、「声に出して愛を贈ろう!」キャンペーンを全国で実施します。このキャンペーンでは、特設サイトにて複数の音声付きメッセージと動画を組み合わせて、オリジナルの”愛”のメッセージ動画を作成することができます。メッセージはエリア別(北海道、東北、中部、関西、中四国、九州)の方言等で用意しており、より親しみをもった形での発信が可能です。また、Twitter上でそのメッセージをシェアしてくださった方の中から、毎月抽選で「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」をプレゼントします。

 当社は、今後様々な取り組みを通じて「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」の全国販売を盛り上げていきます。

 

(注1) 近畿、中国、四国、九州、沖縄地方  

(注2) 340ml×24本換算・2017年3-12月

 

 

◆「声に出して愛を贈ろう!」キャンペーンについて

キャンペーン名 「声に出して愛を贈ろう!」キャンペーン
期間2017年9月5日(火)~11月30日(木)24:00
内容

音声が付いたメッセージと動画を組み合わせて、オリジナルの愛のメッセージ 動画を作成。

動画URLをTwitterでシェアしてくださった方の中から、毎月抽選で下記賞品をプレゼント。お一人様何度でも応募いただけます。

プレゼント内容毎月10名様(合計30名様)に「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」1ケース(340ml・24缶入り)当選はお一人様1回までとさせていただきます。
キャンペーン特設ページ http://www.otonaskal.com/

 

◆サッポロ 愛のスコールホワイトサワーについて

南日本酪農協同(株)が販売する「愛のスコール」とのコラボレーション商品として、サッポロビール(株)が本年3月14日に発売開始したお酒。「愛のスコール」のおいしさはそのままに、シュワッとしたはじける甘酸っぱさと、キレの良い後味で、すっきりとした味わいが特長です。

発売日・地域 2017年9月5日(火)・全国
アルコール分 4%
原材料 乳等を主要原料とする食品、ウォッカ、糖類、酸味料、安定剤(大豆多糖類)、香料
参考小売価格 160円(税抜)
 デザイン

・南十字星をモチーフにしたスコールのロゴマークを缶体中央に大きく配し、キーカラーである

 グリーンを前面に押し出したデザイン。                

・「ホワイトサワー」と缶体に大きく表示することで、乳性の味わいを想起しやすくなっている。

・裏面に商品説明や中味画像を配し、「愛のスコール」飲料を知らないお客様にもわかりやす

 く表現しました。

 

 ◆南日本酪農協同(株)について

1960年 都城市姫城町に宮崎県南部酪農業協同組合の設備を引き継ぎ、南日本酪農協同株式会社を設立。

1971年 醗酵乳に炭酸ガスを封入した画期的な清涼飲料水「スコール」を開発、清涼飲料水の分野に「乳性炭酸飲料」

           という新しいジャンルを開拓。

1972年 「スコール」を関西地区で発売、「愛のスコール」として、ヒット商品となる。

           酪農家の目で酪農のあるべき姿を見つめ、さらに長い伝統と実績のなかで磨きあげられた「先駆・独創」という

           企業ポリシーを大切に新商品開発、品質改良、規模の拡大、新分野開発などに取り組んでいる。

 

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。