サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ

ホーム > 会社情報 > ニュースリリース > 2017年 > Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2017で「グランポレール長野古里ぶどう園貴腐2011」と「グランポレール山梨甲州樽発酵2016」で金賞・部門最高賞のW受賞(2017年8月9日)

Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2017で「グランポレール長野古里ぶどう園貴腐2011」と「グランポレール山梨甲州樽発酵2016」で金賞・部門最高賞のW受賞

このニュースリリースに関するキーワード :

2017年8月9日

 サッポロビール(株)は、7月に山梨県で開催された「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2017」において、「グランポレール長野古里ぶどう園貴腐2011」「グランポレール山梨甲州樽発酵2016」で金賞を受賞しました。さらに銀賞1品、銅賞5品も受賞となりました。

 

 「グランポレール長野古里ぶどう園貴腐2011」は、気象条件や生育環境などあらゆる好条件が重なった時に初めて手にすることができる貴重な貴腐ぶどうからつくった商品です。約40年にわたり、ぶどうづくりに取り組んできた長野古里ぶどう園で、収穫をぎりぎりまで遅らせ、平均42度という非常に高い糖度のぶどうから生まれたグランポレール最高峰のワインです。黄金色の輝きと、蜂蜜のように優しく甘美な香り、心地良い酸味と豊かで洗練された甘味が特長です。

 

 「グランポレール山梨甲州樽発酵2016」は、昨年に続き2年連続の金賞受賞となりました。甲州部門において2年連続受賞できたことは、当社の卓越した醸造・栽培技術でこだわったワインづくりが高く評価された結果であると受けとめています。2016年はぶどうの収穫を2回に分け、熟度の異なる原料を用いることで、より複雑な香味を目指しました。勝沼産甲州種をフレンチオークの小樽で発酵・熟成し、甲州種の繊細なアロマとやわらかな樽香の絶妙なハーモニー、豊かなボディと爽やかな酸味がお楽しみいただける辛口のワインです。

 

 近年、日本ワインが市場に根付いてきました。当社は、「グランポレール」を通じて、さらに多くの皆様に日本のワインの美味しさ、素晴らしさとその魅力を伝えていきます。

 

 

※受賞ワイン一覧は添付のPDFをご覧ください。

 

 

グランポレール勝沼ワイナリー チーフワインメーカー 工藤雅義

 今年も、金賞・部門最高賞の栄誉をいただけたことをワイナリー一同大変光栄に思っております。

 グランポレールをもっと皆様に愛していただけるよう、真摯にワインづくりに向き合って参ります。

 

 

 

【Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)】

1.名称   Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2017

2.概要   国産原料ぶどうを使用した日本ワインの品質と認知度の向上を図るとともに、それぞれ

産地のイメージと日本ワインの個性や地位を高めることを目的にしたコンクールで、

2003年より毎年開催されています。15回目を迎える今年は726品が出品されました。

3.主催   日本ワインコンクール実行委員会

4.開催地  山梨県

 

 

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。