サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ

ホーム > 会社情報 > ニュースリリース > 2016年 > サッポロ生ビール黒ラベル《パーフェクトデイズ2016》開催(2016年3月14日)

サッポロ生ビール黒ラベル《パーフェクトデイズ2016》開催~完璧な生ビールを楽しめる体験型スタンディングバーが全国でオープン~

このニュースリリースに関するキーワード :

2016年3月14日

サッポロビール(株)は、完璧な生ビールを体験していただける「サッポロ生ビール黒ラベル≪パーフェクトデイズ2016≫」を3月31日(木)から全国で順次展開します。

 「サッポロ生ビール黒ラベル」は、発売以来「生のうまさ」にこだわり徹底追求してきました。今回開催する史上最大規模のプロモーション「サッポロ生ビール黒ラベル≪パーフェクトデイズ2016≫」では、「完璧な生ビールを。」というコミュニケーションメッセージのもと「完璧な生ビール体験」をお客様に提供します。

 

「サッポロ生ビール黒ラベル≪パーフェクトデイズ2016》」の概要

 「サッポロ生ビール黒ラベル」と、4月12日(火)より数量限定で発売する初の全国型エクステンション商品「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」の両商品をパーフェクト樽生スタイル(注1)で体験していただけるスタンディングバーを全国8都市で開催します。また、千葉工場・九州日田工場でも2つの黒ラベルを味わえるブランド体験ツアーを期間限定でお楽しみいただけます。

 

(注1) パーフェクト樽生スタイル

提供品質基準として「CREAMY」「CLEAR」「COLD」の“3つのC”にこだわり、より一層「生のうまさ」を感じていただける樽生ビール

“3つのC”について
・CREAMY:パーフェクト・クリーミー

ミクロン単位のきめ細やかさを実現したクリーミーな泡を7:3の黄金比率で提供します。
・CLEAR:パーフェクト・クリア

泡が最も美しく見える専用ジョッキと専用タンブラーで提供。

樽生ビール本来のおいしさを実感していただけるよう洗浄を徹底的に実施。飲むたびにレーシングができる状態までクリアな状態にしています。

・COLD:パーフェクト・コールド
味や香りといった、ビール本来のうまさを楽しんでいただくためにグラス、樽、注出というすべての温度管理を徹底します。

 

▼開催場所・期間

 

▼提供メニュー

【ドリンク】

サッポロ生ビール黒ラベル

サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー

 

【おつまみ】

大人の缶詰

①赤鶏さつま炭火焼

②鮭ハラス燻製油漬け

③牡蠣燻製油漬け

④厚切りベーコンハニーマスタード味

⑤日本近海どりオイルサーディン

 

▼価格

 「サッポロ生ビール黒ラベル」1杯+「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」1杯+缶詰1品を1000円で販売

 

≪特別企画≫

 「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」発売記念千葉工場、九州日田工場

~2016年春スペシャル! 2種類の「黒ラベル」を味わおう~

  千葉工場、九州日田工場では、2種類の「黒ラベル」を味わえる春のスペシャルツアーを、4月1日(金)~4月30日(土)の期間限定で実施します。

 「黒ラベルツアー」でブランドの世界感を紹介させていただいた後、試飲の際に「サッポロ生ビール黒ラベル」、新商品の「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」の両品をパーフェクト樽生スタイルでご提供することで「完璧な生ビール」が体験出来ます。

 1ヶ月間の長期にわたり樽生ビール「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」を味わえるのは、両工場での「黒ラベルツアー」だけです。

 

▼実施期間

4月1日(金)~4月30日(土)

 

▼ツアー料金

大人500円(試飲・記念品付)

※中学生~20歳未満 300円、小人 無料

※未成年者、お車や自転車を運転の方、妊娠中や授乳期の方にはソフトドリンクをご用意しております。

 

▼ツアー開始時間

各工場のHPをご確認下さい。

九州日田工場    (http://www.sapporobeer.jp/brewery/shinkyusyu/event/20160314/index.html)

千葉工場        (http://www.sapporobeer.jp/brewery/chiba/event/20160314/index.html)

 

 サッポロビール(株)は、麦のうまみと爽やかな後味の完璧なバランスを持ち合せた「サッポロ生ビール黒ラベル」の価値向上と、『完璧な生ビール』の世界観をお伝えすることで、ファン拡大に努めていきます。

 

 以上

 

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

関連情報