サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ

ホーム > 会社情報 > ニュースリリース > 2011年 > 「サッポロ生ビール黒ラベル」34年目の進化!(2011年1月12日)

「サッポロ生ビール黒ラベル」34年目の進化!~生ビールのひと口目のうまさ 飲みほすまでうまい!~

このニュースリリースに関するキーワード :

2011年1月12日

サッポロ生ビール黒ラベル
2011年サッポロビールイメージガール 葉月ミカ

 サッポロビール(株)は「サッポロ生ビール黒ラベル」の中味及びパッケージをクオリティアップし、3月上旬製造より切り替えます。
 サッポロ独自の原料「旨さ長持ち麦芽(注1)」を新採用し、「サッポロ生ビール黒ラベル」の最大の特長である『できたての生ビールのひと口目のうまさ』をさらにお楽しみいただけるように仕上げました。
 缶体のデザインは現行を踏襲しつつ、「サッポロ生ビール黒ラベル」を大きく表記し、中央の「生」の文字に立体感を持たせ、『生のうまさ』を強調させています。
 CMでは、引き続き俳優の妻夫木聡さんをメインキャラクターとして、「大人の☆生」をコミュニケーションテーマに掲げた「大人エレベーター」シリーズを展開していきます。
 「サッポロ生ビール黒ラベル」は、1977年4月1日に「サッポロびん生」として誕生し、生ビール時代の先駆け的商品となりました。1989年には、お客様からの愛称であった「黒ラベル」を正式ブランド名とし、本年発売34年を迎えるサッポロビールの基軸ロングセラー商品です。
 当社は、生ビールのうまさにこだわり続けてきた「サッポロ生ビール黒ラベル」をさらに進化させることで、多くのお客様に『生のうまさ』を実感していただけるものと期待しています。

(注1)旨さ長持ち麦芽とは・・・ビールの風味を劣化させる成分(LOX-1<ロックスワン>:脂質酸化酵素)を持たない大麦から生まれた麦芽。(LOXレス麦芽=旨さ長持ち麦芽)
 サッポロビールと岡山大学の共同研究で自然界からLOX-1を持たない大麦を発見、その後ビール原料として栽培可能とするため、カナダのサスカチュワン大学と協働で新品種「CDC PorlarStar」を開発し、2008年に北米初の商業生産を開始した。

1.商品名 サッポロ生ビール黒ラベル
2.パッケージ 135ml缶、250ml缶、350ml缶、500ml缶、大びん、中びん、小びん、10L樽、20L樽
3.アルコール分 5%
4.原材料 麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ
 ※麦芽とホップは100%協働契約栽培
 ※「旨さ長持ち麦芽」一部使用
5.発売スケジュール・地域
 2011年3月上旬製造分より順次切り替え予定・全国
6.価格 オープン
7.コンセプト
 麦芽とホップ100%協働契約栽培の確かな素材、自然の恵みから生まれた『生のうまさ』がつまった生ビール
8.中味特長
 麦のうまみと爽やかな後味のベストバランスを実現した生ビール
 「旨さ長持ち麦芽」を使用することで、生ビールのひと口目のうまさを長く楽しめるようになりました
9.販売計画 1,780万函(2011年 1月~12月 大びん換算)

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

関連情報