サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ

ホーム > 会社情報 > ニュースリリース > 2006年 > 「サッポロ 冬物語」 新CM『二人の冬物語』篇のご案内 〜深津絵里さん、田辺誠一さんがショートムービーでも「冬物語」の世界をコミカルにアピール〜(2006年10月11日)

「サッポロ 冬物語」 新CM『二人の冬物語』篇のご案内
〜深津絵里さん、田辺誠一さんがショートムービーでも「冬物語」の世界をコミカルにアピール〜

このニュースリリースに関するキーワード :

2006年10月11日

 サッポロビール株式会社(本社・東京、社長・福永勝)では、冬の定番として毎年ご好評いただいている冬季限定生ビール「サッポロ 冬物語」の新TVCMを10月25日(水)の発売に合わせ放映します。
 今冬の「冬物語」のTVCMは、キャラクターに深津絵里さん、田辺誠一さんを起用し、本年の「冬物語」のコンセプトである『冬だから、大切な人、家族、仲間とともに語り合う、あたたかい時。そんな時にこそ飲みたい、上質で澄んだ後味のビールです。』という世界観を訴求しています。さらに、TVCMを中心にウェブと連動した広がりのある広告を展開し、ウェブ用として約3分のショートムービーを2本製作しました。ウェブでの二人の冬の物語は、とてもユーモラスで心温まる内容に仕上げています。
「冬物語」は、季節限定ビールのパイオニアとして1988年に発売、今年で19年目を迎えるロングセラー商品です。毎年多くのお客様に発売を楽しみにして頂いており、冬ならではの季節感を演出する商品として高い評価を頂戴しています。
「いい冬は、いいビールから」をキャッチコピーとした「冬物語」の魅力を、TVCMを通して、更に実感していただけるものと期待しています。

1.タイトル  「二人の冬物語」篇  (15秒・30秒)
2.放送開始  2006年10月25日(水)

3.CM内容  
ある冬の夜。お互い「好き」なのは分かっているが、言葉に出せないままの10回目のデートの男女。今日こそは二人の距離を縮めたいと考えた女性は、思い切って彼を自分の部屋に誘った。そんな真面目で不器用な、30代男女のちょっとへんてこなラブストーリー。お互い好きすぎるあまり、平静を装いながらも心の中ではバタバタという不器用加減が、より愛しさを増していくことに・・・。
今回のTVCMでは、ウェブへと連動した広がりのある広告を展開。ウェブ用には約3分のショートムービーを2本製作。TVCMとウェブの2部構成の展開ではなく、TVCMがショートムービーの予告篇としての役割を担うダイジェスト的な構成とし、一体感のある展開としました。ウェブのショートムービーを見ることで、魅力溢れる冬物語のTVCMの裏側に、ユーモラスで楽しい時間が流れていた事が分かる構成 です。深津絵里さんと田辺誠一さんという、演技力に定評のある2人を起用したちょっと不思議で楽しい冬の物語です
※ ウェブは10月25日(水)よりご覧頂けます

4.エピソード 
普通のCMと違い、約3分のショートムービーを2本制作ということで、撮影前の打ち合わせも入念に行われましたが、そこでは、セリフや動きについてのアイディアがキャストの2人からも積極的に飛び出し、正に一緒に1つのお芝居を作っていくような形で撮影が進行していきました。現場での彼らの動きを一瞬でも逃さないように、用意されたカメラは計4台。舞台のような緊張感が漂うマンションの一室で、迫真の演技が展開されました。また、今回のショートムービーのストーリーは、実際の演技に加え、オフナレーションで心の声が重なっていくという、複雑な内容。このオフナレーションの録音は、撮影の最後に行われたために朝方に及んだにも関わらず、ここでも深津さん・田辺さんからセリフ回しについての意見がたくさん出されました。その多くは実際のセリフに生かされており、結果、より彼ららしい、自然な言葉になっていると思います。

5.出演タレント
【深津絵里】
1973年1月11日生まれ。俳優。2004年 第27回 日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞受賞。主な作品に、2005年1月 映画「博士の愛した数式」、06年1月 TVドラマ「西遊記」、06年7〜8月 舞台 蜷川幸雄演出「あわれ彼女は娼婦」などがある。   

【田辺誠一】
1969年4月3日生まれ。俳優。第2回「メンズノンノモデル」に選ばれ、1987年8月より専属モデルとして活躍。現在は俳優として活躍。主な作品に、2006年9月 映画「ベルナのしっぽ」公開予定、2006年10月 TV「だめんず・うぉーかー」、2007年1月大河ドラマ「風林火山」放送予定などがある。

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。