サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ

ホーム > 会社情報 > 研究開発 > 商品・技術イノベーション部(ビール・発泡酒・新ジャンル等の開発)

商品・技術イノベーション部(ビール・発泡酒・新ジャンル等の開発)

概要

【写真】

スケールの異なる醸造設備を備え、あらゆる商品開発に対応

【写真】

綿密なミーティングで香味設計から品質確認まで実施

商品・技術イノベーション部は、お客様の生活に潤いを与え、楽しく豊かな生活を実現できるお酒の開発を担い、常にイノベーションを出し続け、お客様に感動いただける商品をお届けすることにより、企業価値を向上させるべく貢献していきます。

商品開発には二つの側面があり、ひとつは当社独自の新技術・新素材を研究・開発していくこと、またもうひとつは徹底した市場調査に基づくマーケット観察の中から消費者ニーズを抽出し、それを商品化することです。アルコールに対する消費者の嗜好性がますます多様化する中、このふたつのアプローチを連携させることでより付加価値の高い商品を開発していくことが求められています。当社ではマーケティング、商品企画を行なう新価値開発部と技術開発を行なう商品・技術イノベーション部がそれぞれそのふたつの役割を担い、両輪として総合的な商品開発を行なえる体制となっています。

焼津に位置するミニブルワリーには100L、5000Lのスケールの異なる試験醸造設備を備え、主にビールテイスト飲料の新商品の基本仕様の決定や、酒類技術研究所およびサッポロホールディングス(株)価値創造フロンティア研究所との連携による品質保証試験などを行ない、新商品の初期開発から工場展開までのすべてのプロセスの円滑な遂行のために持てる技術のすべてを注ぎ込んでいます。

また、商品開発だけでなく、当社の醸造部門における新技術や設備改善の提案と工場への導入支援の役割、小ロット製品を製造・出荷する製造工場としての役割も担っており、工場の課題解決やコスト削減にも貢献しています。

乾杯をもっとおいしくするために

ビールは歴史の古いアルコール飲料であり、その醸造技術もすっかり確立されている、と思われがちかもしれません。しかし、世界中の醸造技術者はビールをもっとおいしくするため、そのおいしさを長持ちさせるために今でも切磋琢磨を続けています。

また、ビールから発泡酒、新ジャンルと変化し続ける日本のビールテイスト飲料の市場変化は、伝統的な技術だけでは解決できない、新たな課題を醸造現場にもたらしており、そのような変化を予見して備えておく新技術の開発も求められるようになってきています。

当社は札幌開拓使麦酒醸造所から140年以上の蓄積された技術をベースとして、常に世界的な技術開発や市場変化の動きに対応した新しい技術、その技術による新商品の開発を続けてきています。そのような研究開発から生まれてきたのが麦を使わない新ジャンルの市場を開拓した「ドラフトワン」や、新ジャンルでありながらビールと間違えるほどのうまさを実現した「麦とホップ」などです。また、Alc.0.00%のビールテイスト飲料の分野においても、本格感を感じさせる「プレミアムアルコールフリー」や、特定保健用食品史上では初めてのノンアルコールビールテイスト飲料となる「SAPPORO+(サッポロプラス)」を、機能系ビールテイスト市場に対しても世界初の糖質ゼロとプリン体0.00を実現した極ZEROを提案しています。

ブランド誕生から120余年の伝統のある「ヱビス」においても、「琥珀ヱビス」「ヱビスプレミアムブラック」「ヱビスマイスター」など、新しいおいしさを提案し続け、さらに伝統を越える取り組みとして、「エビス華みやび」「ヱビス with ジョエル・ロブション」などにもチャレンジしています。

お客様の乾杯をもっとおいしくするために、サッポロビールではたゆまぬ研究開発が続けられています。

所在地

〒425-0013 静岡県焼津市岡当目10

主な業績