サッポロビール株式会社
会社情報
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 商品情報
  • サッポログループ

ホーム > 繁盛店の扉 > 全国繁盛店情報 > HOT SPOT HOKKAIDO 「鮮極家」(北海道室蘭市)

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする。

  • 繁盛店の扉 トップ

千客万来!商売繁盛!!全国繁盛店情報

HOT SPOT HOKKAIDO 「鮮極家」(北海道室蘭市)

■地域の外食市場の隙間にくさびを打ち込む

室蘭は鉄鋼の街だ。最盛期には17万人あまりの人口があったが、主産業の鉄鋼が下火になった現在、人口は10万人を割ってしまった。さらに景気も低迷し、飲食店経営にとっても厳しい環境にあるのは間違いない。しかし…

▲カウンターは板間のこたつ風に造られている。ここを指定して予約する常連のお客様も少なくない。奥に見えるのが店主の田淵さん。

豚の内臓を主素材とした室蘭焼鳥やカレーラーメンがブームになるなど、飲食店の話題に事欠かないところに室蘭の底力を感じさせる。鮮魚を売り物に大躍進を続ける「鮮極家」もそんな室蘭の外食市場を牽引する存在だ。

03年3月、20坪の居抜きの物件で開業した同店が移転し、55坪の規模を持つ個室居酒屋として新たにオープンしたのは06年6月のことだ。この移転は20坪ではとても入りきれなくなった客数に対応する目的だったが、移転により、お客様の数も確実に増加。客単価は5000円と安くはないが、田淵さんはエリアの飲食マーケットの間隙に確実にくさびを打ち込んだようだ。

 

▲宴会には最大50名まで対応する。

▲お刺身2人前盛り(2800円)は特別サービスメニュー。この日はバフンウニ、本マグロトロ、本マグロ赤身、ホタテ、ツブ貝、カンパチ、タコ頭、ヒラメが盛り付けられた。鮮魚の煮物は日替わり、写真は地物のカスベの煮物1200円。約250gとボリュームたっぷり。クラシック樽生は500円で提供。

■メインの鮮魚はあくまでもサービス価格

元々食べ歩くことが好きだったという田淵さんだが、開業の大きな力となったのは、実家が営む鮮魚店の存在。「室蘭にもおいしい魚介類を出すお店はあるのですが、客単価が1万円ぐらいになってしまい、個人で使うには高い。単価を下げれば、チャンスがあるはず」という田淵さんの考えから生まれたのが同店のコンセプト。道内で捕れた新鮮な魚介類を低価格で提供。酒類も豊富にラインアップし、質の高い魚介料理と飲み放題とセットで4500円からという宴会メニューの設定も評判となり、口コミで来店客は確実に増えていった。

新店舗は最大50名収容の大広間と5つの個室で構成。それまで対応仕切れなかった宴会需要を取り込むことも目的だった。計画通り新店舗になって、宴会予約はさらに増加。平日はビジネスマン、土曜日はファミリーが中心となっている。特にビジネスの宴会予約は予想以上の伸び、低価格の焼鳥店と高価な和食店の間にある真空マーケットを開拓したようだ。

主力メニューの魚介の刺身類は、一部原価割れするほどのサービス価格に設定し、ドリンクと一品料理で粗利を取るという戦略が奏功していることは間違いない。また、それぞれのメニューのボリュームもお客様を魅了するポイントになっているようだ。

1番人気のメニューはお刺身の2人前盛り(2800円)。2人前といっても7種の魚介が4切れずつ。実質は4人前のボリュームだ。また、旬の地物毛ガニも格安で提供するなど季節代わりの魚介メニューはお客様を飽きさせない。

田淵さんは、特に飲食店で修業をした経験はないが、友人の調理人さんなどから技術を習い、ほぼ独学で料理を習得したという。しかし、その分、素材の質に対する思いは強い。「自分が気に入らないものは絶対に出さない」という心意気は確実にお客様の信頼につながっているようだ。

鮮極家(北海道室蘭市)

[住所]
北海道室蘭市中島町1-17-5
JR東室蘭駅西口から駅前通りを進み、中島通を左折。2つめの信号を左折したら1本目の路地を右に入る。
[電話]
0143-45-6330
[営業時間]
17:30~23:00
[定休日]
日曜日、日曜と連休となる月曜日
[店舗規模]
55坪98席
[客単価]
5000円
 

過去の記事はこちら