サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

ホーム >箱根駅伝応援サイト > 予選会の展望

第95回
箱根駅伝予選会展望
10/13(土) 東京・立川市

箱根駅伝へのキップを獲得できるのは上位11校。
今年も激戦は必至だ

本大会出場への「11」枠をめぐり、ハーフマラソンで熱戦

レースが21.0975kmに延長

第95回箱根駅伝予選会は10月13日(土)、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を経て、国営昭和記念公園内でフィニッシュする21.0975kmのコースで行われる。
今回の箱根駅伝は5年おきの〝記念大会〟となるため、本大会の出場チーム数が「23」に増加。過去5年間の関東インカレで総合得点が最も多かった大学に与えられる『関東インカレ成績枠』で日本大学がすでに出場権を獲得し、「関東学生連合チーム」の出場も決定しているため、予選会通過校は前回より1つ多い「11」。本大会出場枠をめぐって多くの大学が夢舞台にチャレンジする。
正月の箱根駅伝本大会に出場するためには、前回大会で10位以内に入ってシード権を獲得するか、この箱根駅伝予選会を突破する必要がある。ただし、狭き門に有力校が殺到する予選会は毎回熾烈で、これまでも多くの有力校が涙をのんできた。
今回の予選会は「増枠」と「距離延長」がキーワードになる。増枠については前述の通りで、今大会からはレースの距離も従来の20kmからハーフマラソン(21.0975km)に延長される。わずか1km強の違いだが、秒差での決着も多い予選会のボーダーライン争いには大きく影響することになるだろう。
選考方法は従来通りで、各校10名以上12名以下がレースに出場。チーム上位10人の合計タイムで競われる。
ここではエントリーが締め切られた10月1日時点での情報をもとに今回の予選会を展望する。

通過が有力視される8校

有力チームのエントリー選手上位10人の平均タイム

5000m 14分未満 10000m 29分未満 ハーフマラソン 63分未満
①駒  大
14.02.28
5人
①中  大
29.07.22
4人
①駒  大
1.03.23
3人
②明  大
14.03.42
2人
②駒  大
29.08.67
2人
②山梨学大
1.03.56
2人
③神奈川大
14.06.72
3人
③順  大
29.12.98
3人
③國學院大
1.04.24
1人
④順  大
14.07.59
2人
④明  大
29.13.60
2人
④順  大
1.04.30
1人
⑤中  大
14.10.41
4人
⑤山梨学大
29.22.93
2人
⑤明  大
1.05.08
 
⑥国 士 大
14.11.82
1人
〃神奈川大
29.22.93
2人
⑥神奈川大
1.05.11
 
⑦國學院大
14.15.88
2人
⑦國學院大
29.24.97
2人
⑦東京国際大
1.05.16
 
⑧山梨学大
14.16.18
2人
⑧国 士 大
29.28.51
2人
⑧国 士 大
1.05.19
1人
⑨大 東 大
14.16.22
2人
⑨大 東 大
29.30.05
1人
⑨大 東 大
1.05.25
 
⑩創 価 大
14.20.03
1人
⑩創 価 大
29.37.27
1人
⑩上 武 大
1.05.28
 
⑪専  大
14.20.21
1人
⑪東 農 大
29.37.41
1人
⑪創 価 大
1.05.36
 
⑫東京国際大
14.21.99
1人
⑫専  大
29.39.73
2人
⑫中  大
1.05.40
1人
⑬東 農 大
14.26.33
1人
⑬東京国際大
29.42.66
2人
⑬東 農 大
1.05.46
 
⑭上 武 大
14.30.29
 
⑭上 武 大
29.57.89
 
⑭専  大
1.06.00
 
⑮筑 波 大
14.31.81
 
⑮亜細亜大
30.02.28
 
⑮亜細亜大
1.06.22
 
⑯亜細亜大
14.32.28
 
⑯麗 澤 大
30.06.73
 
⑯麗 澤 大
1.06.30
 
⑰麗 澤 大
14.34.94
 
⑰筑 波 大
30.07.63
 
⑰筑 波 大
1.07.35
 

※平均タイムの右はエントリー14人のうち5000m14分00秒未満、10000m29分00秒未満、ハーフ1時間3分00秒未満のそれぞれの人数
※ハーフの平均は未経験者のみ20kmからの換算タイムを採用
※東京国際大学・渡邊和也の入学前のデータは反映していない

これまでの実績と、5000m、10000m、ハーフマラソンのチーム上位10人の平均タイム(表参照)を考えると、前回も箱根駅伝本大会に出場して11~16位を占めた順天堂大学、駒澤大学、神奈川大学、國學院大學、中央大学、大東文化大学、そして18位ながら前回まで32回連続出場中の山梨学院大学は順当なら「通過濃厚」と見ていいだろう。前回の予選会では13位で落選した明治大学も今回は上位候補と言える戦力を有しており、駒澤大学と順天堂大学、明治大学が今回の予選会の〝3強〟と言える。
神奈川大学と國學院大學が次のグループか。両校とも上位通過が確実視される。そして、中央大学、大東文化大学、山梨学院大学の3校も〝通過圏内〟のポジションだろう。

残り「3」枠は大混戦

順当にいけば残りは「3」枠。ここからは大激戦となる。その中でもチームの総合力と今季の勢いを考えると前回も予選会を突破した国士舘大学と東京国際大学が優勢か。
その2校を追いかけるのが創価大学と上武大学だ。創価大学は前回は12位に終わったが、前々回は予選会を3位で突破している。上武大学は箱根駅伝本大会に10年連続で出場中。トラックシーズンは目立たなかったが、総合力は侮れない。
有力校が崩れる展開になると、前回14位以下の大学にもチャンスが生まれてくる。なかでも力があるのは専修大学、麗澤大学、東京農業大学の3校だ。特に麗澤大学は予選会を突破すれば箱根駅伝初出場となる。
伝統校の筑波大学、亜細亜大学、長期のブランクを経て本大会復活を目指す平成国際大学、関東学院大学、慶應義塾大学、初出場を目指して強化を進めている日本薬科大学、流通経済大学、桜美林大学、駿河台大学、武蔵野学院大学、明治学院大学なども虎視眈々とボーダーラインをうかがう。常連校の牙城を崩すのは容易ではないが、大きな節目となる第100回大会に向けて各大学がどのようなアプローチをしていくかも注目の一つだ。

注目選手とレース展望

個人では前回1位で今年9月の日本インカレでは5000m、10000mの2冠を達成したレダマ・キサイサ(桜美林大学)が今大会の最有力候補か。
前回2位のドミニク・ニャイロ(山梨学院大学)、サイモン・カリウキ(日本薬科大学)らとの先頭争いが予想される。
日本人では2016年リオデジャネイロ五輪3000m障害日本代表で10000mも27分47秒87を持つ塩尻和也(順天堂大学)が最上位候補。
留学生を相手にどんなレースをするかが最大の焦点だ。このほか日本選手権5000m5位の阿部弘輝(明治大学)、昨年のユニバーシアードでハーフマラソン優勝の片西景(駒澤大学)や、前回上位だった中山顕(中央大学)、トラックシーズンに好走した浦野雄平、土方英和(ともに國學院大學)、山藤篤司(神奈川大学)、小山直城(東京農業大学)ら各校のエースたちが上位で激しく火花を散らすだろう。
過去の結果から今大会の上位選手のタイムを予想すると、先頭争いは1時間1分前後、日本人トップは1時間2分台か。気象条件にもよるが、ボーダーライン争いの目安となるのは1時間5分前後だろう。天国と地獄が交錯する壮絶な〝立川決戦〟は今年も必見だ。

  • 個人で最有力と見られるのは前回1位のレダマ・キサイサ(桜美林大学、右)。日本薬科大学のサイモン・カリウキ(左)ら他の留学生とのハイレベルな先頭争いが見られそうだ
  • 日本人で最有力候補に挙がるのは順天堂大学の塩尻和也。10000mでは日本人学生歴代4位となる27分47秒87の自己記録を持つ
  • 9年ぶりに予選会へ回った駒澤大学が総合トップ候補。エースの片西景は昨年のユニバーシアードではハーフマラソンを制しており、塩尻との日本人トップ争いも視野に入る
  • 前回は予選会13位で落選したが、明治大学も上位候補の一つ。エースの阿部弘輝は抜群の安定感を誇り、個人でも上位が狙えそうだ

取材・撮影:月刊陸上競技/陸上競技社

TOP