Loading

サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
clear

ホーム > 商品情報 > 極ZERO > キリタニメシ

キリタニメシ キリタニメシ
  • Recipe1 焼き鮭と里芋の炊き込みご飯Recipe1 焼き鮭と里芋の炊き込みご飯
  • Recipe2 鶏肉と根菜のリゾットRecipe2 鶏肉と根菜のリゾット
  • Recipe3 和風ライスコロッケRecipe3 和風ライスコロッケ
  • Special Recipe パクパクパクチー餃子Special Recipe パクパクパクチー餃子
材料(2人分)
  • 米・・・1合
    鮭の切り身(生)・・・1切れ(80g)
    ごま油・・・小さじ1
    里芋・・・2個
    椎茸・・・2枚
  • 昆布・・・3cm角×1枚
    (A)だし汁・・・200cc
    (A)酒・・・小さじ1
    (A)醤油・・・小さじ1/2
    (A)みりん・・・小さじ1/2
    こねぎ・・・適量

Recipe1焼き鮭と里芋の
炊き込みご飯

作り方
  • 鮭は塩(分量外)をふり3~4等分に切る。里芋は皮をむいて一口大に切り、椎茸は軸をとり薄くスライスする。
  • フライパンにごま油を入れ中火にかけ、①の鮭を両面焼き色がつくまで焼く。
  • 炊飯器に研いだお米、昆布、椎茸、里芋、焼き鮭の順に加え最後に(A)を合わせ入れ、通常モードで炊く。
  • 茶碗によそい、お好みで小口に切ったこねぎをちらす。
低プリン体食材
白米、しいたけ、里芋
レシピのポイント
  • 低プリン体でありながらも食物繊維を多く含む生椎茸と里芋を使用しました。
  • 鮭には良質なタンパク質が含まれるだけでなく、糖質をエネルギーに変えるときに必要なビタミンB1が含まれます。
  • 里芋は洗って耐熱容器に入れ、軽くラップをかけて600wで3分ほど加熱し、粗熱が取れた状態でむくと簡単にむくことができます。
  • 醤油を加えて炊くことで、炊飯器の底にうっすらとおこげができます。
  • 銀杏、飾り人参などを入れて炊きこんでもおいしく召し上がれます。
材料(2人分)
  • 鶏もも肉・・・80g
    (下味:塩、こしょう・・・適宜)
    白ごはん・・・200g
    さつま芋・・・30g
    人参・・・30g
    蓮根(水煮でもOK)・・・30g
    にんにく(みじん切り)・・・1片
    オリーブ油・・・大さじ1/2
    白ワイン(酒でも可)・・・大さじ2
  • 水・・・200cc
    コンソメキューブ・・・1/2個
    ピザ用チーズ・・・40g
    バター・・・5g
    パセリ(飾り)

Recipe2鶏肉と根菜の
リゾット

作り方
  • 鶏もも肉は2cm角に切り、塩・こしょうで下味をつける。さつま芋、人参、蓮根は1.5cm角に切る。
  • フライパンににんにくとオリーブ油をいれ中火にかけ、香りが立ったら①を加え炒め合わせる。
  • 全体に火が通ったら白ワインを回し入れ、アルコールを飛ばし、白ごはんと水、コンソメキューブを加える。沸騰したら弱火にして5分ほど煮る。
  • 最後にバターとピザ用チーズを加えて溶かす。
  • 器に盛り黒こしょうとパセリをちらす。
低プリン体食材
白米、さつま芋、人参、蓮根、チーズ
レシピのポイント
  • プリン体が少なく食物繊維の多い根菜類を使用したリゾットです。
  • 食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにするため、食べすぎ予防にも役立ちます。
  • チーズは低プリン体でタンパク質やカルシウムも多く含まれます。
  • 鶏もも肉にはアミノ酸が豊富に含まれているため、体力低下にもオススメです。
  • カロリーが気になる場合は鶏もも肉の皮をあらかじめ取ってから調理をするとカロリーダウンにつながります。
  • にんにくは色がつき始めてから焦げるまでが早いので、注意が必要です。
  • バターは最後に加える(追いバター)ことでより風味が増します。
  • 蓮根は少量をフリットして添えてもおいしく召し上がれます。
材料(2人分・6個分)
  • 白ごはん・・・200g
    しめじ、舞茸、椎茸・・・合わせて100g
    バター・・・15g
    醤油・・・大さじ1
    小麦粉、卵、パン粉
    揚げ油・・・適量
    柚子こしょう・塩・・・お好みで

Recipe3和風ライス
コロッケ

作り方
  • きのこ類はすべて5mm角に切る。(ザクザクと粗く刻む、でもOK)
  • フライパンにバターと①を入れ弱火にかけ、じっくりと炒める。
  • 白ご飯に②を混ぜ合わせ、6等分にして丸める。
  • 小麦粉、卵、パン粉の順に付け170度の油で表面がきつね色になるまで揚げる。
  • 器に盛り、お好みで柚子こしょうや塩をつけていただく。
低プリン体食材
白米、きのこ類
レシピのポイント
  • 低プリン体食材の白米やきのこを使ったボリュームのあるライスコロッケです。
  • きのこ類は低カロリーでプリン体を排出する食物繊維も豊富な食材ですが、加熱することによりカサが減りたくさん食べることができます。
  • さらにきのこ類は尿をアルカリ性に傾ける作用があるので、尿酸の排出にも役立ちます。
  • 柚子こしょうが苦手な方はケチャップでも美味しくいただけます。
  • きのこ類は手でランダムに割いてから刻むと風味がよくなります。
  • きのこ類は強火ではなく、弱火でじっくりと炒めることで徐々に水分が抜けて焦げ付かずに旨味が凝縮されます。

パクパクパクチー餃子

材料(4人分)
  • 豚粗挽き肉・・・150g
    白菜・・・220g
    塩・・・小さじ1/2
    パクチー・・・1株(約20g)
    餃子の皮・・・24枚
    サラダ油・・・小さじ2
    ごま油・・・少々
  • 熱湯・・・100ml
    パクチー(飾り用)・・・だいたい
  • (A)
    にんにく(すりおろし)・・・1かけ分
    醤油・・・大さじ1/2
    ごま油・・・大さじ1/2
    生姜(すりおろし)・・・1かけ分
    はちみつ・・・大さじ1/2
    鶏がらスープの素(顆粒)・・・小さじ2
作り方
  • 1白菜はみじん切りにし、塩を混ぜ合わせ10分ほど置く。
    しんなりとしたら水気をしっかりと絞る。パクチーは粗みじん切りにする。
  • 2ボウルに豚挽き肉、(A)を入れ、粘りが出て白っぽくなるまでよく練る。1を加え混ぜ合わせる。
  • 3餃子の皮に2を等分にしてのせ、縁に水をつけ、ひだを寄せながら包む。
  • 4フライパンにサラダ油を入れ中火で熱し、3を並べる。底面に焼き色がついたら弱めの中火に落とし、熱湯を加え、ふたをして4~5分蒸し焼きにする。
  • 5水気が無くなったら、ごま油を回し入れ、中火で底面がカリッとするまで焼く。
  • 6器に盛り、ざく切りにしたパクチーをだいたいで添える。
  • SHARE
  • Facebook
  • Twitter
  • PLAY MOVIE