サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東海・北陸エリア(愛知・静岡・岐阜・三重・富山・石川・福井) > 静岡が好きだから宣言、実行中。 > 守る

ふるさとの自然や歴史を、子どもたちに伝えたい。
サッポロビールは、大好きな静岡県を守ることに貢献いたします。

サッポロビール静岡工場が竣工したのは、1980年。以来30年以上にわたり、地域社会との共生、自然環境との調和に努めてきました。
1998年には、社員の手づくりで、工場内にビオトープ園(自然共生園)を整備し、一般市民にも開放。親子自然観察会などの環境体験学習にも利用しています。このような取り組みが認められ、2013年には「緑化優良工場等経済産業大臣賞」、「リデュース・リユース・リサイクル推進協議会 会長賞」を受賞しました。
今回は、サッポロビールの環境保全活動にご協力をいただいている市民団体「やきつべの里フォーラム」の代表、落合孟郎氏にお話をうかがいました。

ビオトープ園は、貴重な自然体験の場。

平野マリ静岡工場企画部 「やきつべの里フォーラム」の皆様には、毎年、静岡工場のビオトープ園の「生物多様性調査」などで、お世話になっています。

落合孟郎代表 昨年5月の生物多様性調査では、県立焼津水産高校の生徒さんと一緒に、ビオトープ内の水生生物を調査しました。あわせてビオトープ園の整備や生態系を守るための外来種の防除などにも取り組んでいます。調査は2010年から行っていますが、うれしいことに生物種は年々増えています。

平野マリ静岡工場企画部 昨年、やきつべの里さんとの環境教育活動などが評価され、静岡工場として「緑化優良工場等経済産業大臣賞」という大きな賞をいただくことができました。ありがとうございました。

落合孟郎代表 おめでとうございます。いままでの地道な活動が認められて、私たちも大変に喜んでいます。
やきつべの里フォーラムは、「ふるさとの豊かな自然と歴史を守ろう、地域の人材を活かそう、地域の子は地域で育てよう」をテーマに、地域の市民団体が集まり、設立されました。サッポロビールさんとの活動以外にも、たとえば子どもたちに稲作体験の場を提供したりするなどの様々な活動を行っています。

平野マリ静岡工場企画部 地域の方々を招いた「親子自然観察会」にも、ご協力をいただいています。

落合孟郎代表 私たちの仲間が、観察会のインストラクターとして参加しています。ビオトープ園には、クス、ケヤキなど雑木林があり、フナやメダカ、ザリガニなどの水生生物、チョウやトンボなどの昆虫、またツグミやカモなどの野鳥にもふれあうことができます。子どもたちにとっては絶好の自然体験の場であり、地域の貴重な財産だと思います。
また、当フォーラムは、毎年、「新春懇親会」を静岡工場のガーデンハウスで開催してきました。懇親会では、地域の小中学生、高校生、大学生が「お米のよさを見直そう」とか「クロメダカの繁殖方法」など、様々なテーマで活動報告を行っています。このような環境教育の場を提供していただき、感謝しています。

平野マリ静岡工場企画部 ビオトープ園は、サッポロビールの社員の誇りでもあります。今後も地域の団体と連携しつつ、地域の環境教育への貢献に力を入れていきたいと思います。

ふるさとの魅力を子どもたちに伝えたい。

平野マリ静岡工場企画部 やきつべの里さんは、様々な活動をしていらっしゃいますね。

落合孟郎代表 「やきつべ」とは、奈良時代の東海道である「やきつべの小径」に由来しています。これは、花沢の里から日本坂を通り静岡市に抜ける古道で、周辺には古刹も数多く残っています。そんな地域の歴史や伝統文化を子どもたちに伝えることも、私たちの活動の一つです。たとえば、正月のしめ縄づくり講座などは、子どもたちには新鮮に見えるようで人気があります。
その他にも、たけのこ掘り、さつまいもづくり、クリスマスイルミネーションの設置など、地域の子どもたちを育てる、様々な活動をすすめています。

平野マリ静岡工場企画部 地域の子どもたちを、地域で育てているのですね。

落合孟郎代表 この地域には、高草山、瀬戸川、大崩海岸など、豊かな自然が残っています。子どもたちが遊べる範囲内に、山もあり、川もあり、海もある。子どもを育てる環境としては、最高ではないでしょうか。そんなふるさとの良さを子どもたちに伝えていくことは、私たちの大切な使命です。

地域との共生、地域との協働をすすめていく。

落合孟郎代表 サッポロビール静岡工場のあった場所は、もともと葦が一面に広がる、本当に何もない場所(笑) でした。それが、工場ができてから30年以上経ち、いまでは地域の風景の一つになっています。まさに、地元企業であり、地域の仲間の一人です。

平野マリ静岡工場企画部 だからこそ、地域との協働や連携を大切にしていきたいと思います。
サッポロビールでは、昨年、静岡県と包括提携協定を結び、防災協力や環境保全、経済活性化などでの協力関係をさらに進めていくことを約束しました。また、焼津市など周辺市町との防災協定を結び、万一の災害時には避難場所の提供や飲料水確保などで、全面的に協力することを決めています。

落合孟郎代表 地域の環境や文化を守る、また地域を災害から守るうえで、地元企業の協力は欠かせません。ビオトープ園のさらなる整備充実も含めて、サッポロビールには大きな期待をしています。