サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

ホーム > お店とエリア > 東海・北陸エリア(愛知・静岡・岐阜・三重・富山・石川・福井) > 駅弁×サッポロビール 「ごくり」普通列車の旅 愛知篇 > 三河安城駅

駅弁×サッポロビール 「ごくり」普通列車の旅 愛知県篇

駅弁×サッポロビール 「ごくり」普通列車の旅 愛知県篇

三河安城駅【JR東海道新幹線・東海道本線】

ひつまぶし弁当[名古屋だるま]

水の恵みに乾杯!

三河安城駅が二つ?

新幹線駅と在来線駅は若干離れていて連絡通路でつながっています。その間には小さな公園(後述)が整備されていて、乗り換えの時間をつぶすにはいい環境です。おやっ、新幹線駅を外から見ると、時計台がにょきっとしている。デンマーク風にしてるとか。この街は何かとデンマークが出てくるのは、なぜなんでしょう。
駅弁は1階のお弁当コーナーで売っています。

「三河安城駅」

水の流れを見える化した池

駅前の矢総公園は、人と水の関わりを表現しているようです。面白いのは、池の中に石でできたこの地域の地図があり、水が出てくると、地図に刻まれた水路を伝わり手前側の海の場所に流れ込む仕組みになっています。残念ながら、この日は水が出ていませんでした。見たかったです。地域の水の流れが簡単にわかるのが、いいですよね。

だから、デンマーク推し

駅のすぐそばの新幹線の高架下に、明治時代につくられた「明治用水」が流れています。当時、不毛の地といわれた大地を、実りある土地にしたのが、この用水。それで、理想的な農業国として知られていたデンマークにちなみ、「日本デンマーク」と言われるようになったとか。ん、なるほど、それで駅もデンマーク風なんですな。
そのままでは小さな川かと見過ごしてしまいそうなところが、実は地域にとって重要な意味を持っていたりするから、注意して歩かないと。

童話アートの街

街を歩いていると、やたら壁のペイントが目を引きます。きつねやランプが描かれていて、何かの物語のような、それとこの人は…。わかりました、新美南吉です。「ごん狐」「おじいさんのランプ」で知られる童話作家さん。どうやら。この地で高校の教師をしていたようです。
倉庫や駐車場の壁画は、なかなかの大作。モニュメントがある通りは、南吉ストリートと呼ばれています。といいながら、「ごん狐」のストーリーが思い出せません。ごめんなさい。帰ったら息子に聞いてみよう。

なんだか気になる像

ワンコインのあんくるバスに乗って、郊外に出かけました。目的地は、またまた明治用水に関わりのある「明治川神社」。用水守護のため、水に縁の深い三柱の神とともに、明治用水開削の功労者を祀っています。
気になるものが2つ。馬の銅像と池のオブジェ?です。まわりを見ても、何の馬なのかがよくわかりません。謎ですが猛々しいです。そして、池のオブジェからは、水がこんこんと出ています。書いてありました。「みの笠をつけて田植えをしている姿」です。そう見えます。おじさん映えする神社です。

自由にのびのび雲竜の松

明治川神社の近くにあるのがこの永安寺。人影もなく寂れた感じは否めないものの、松(雲竜の松)が見事です。といいますか、自由すぎます、枝の伸び方が。何でしょうか、上に伸びずに横に広がっています。例えがいいかわかりませんが、ヘビ花火に火をつけたような伸び方です。
こんな松というか、木は見たことがありません。自分では支えきれないので、つっかえ棒があちこちにあります。自由にしていても、誰かの支えが必要なんですな。

名古屋名物 ひつまぶし

静岡エリアに次いで、こちらでもうなぎの弁当です。名古屋エリアということでリッチに「ひつまぶし」にしました。味付きのご飯の上に錦糸玉子を敷き、細めの切り目を入れたうなぎの蒲焼きが乗っています。きざみ海苔、追加用の蒲焼きのタレもついていて、気が利いてますな。
ちょっとタレをかけすぎたかな、くらいがちょうどいい。錦糸玉子がさっぱり中和してくれます。香ばしくて、お弁当だけにしっとりしていて、大満足。ビールにも合わないわけがない。がっつり、いただきました。

名古屋だるま「ひつまぶし弁当」

※掲載の情報は、2018年10月現在の内容です。

豊橋に、乾杯!

トップページへ戻る