サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東北エリア(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島) > 東北★応援サイト > 復興の旗印を大空に掲げ、勝鬨を声高らかに挙げよ! > 支え

相馬郡新地町の出身で現在、南相馬市鹿島区に暮らす鈴木正男さんは、8年前から毎年相馬野馬追に出陣している。その間、3度も神旗を手にしている強者だ。正男さんは、両親の写真を胸に抱いて祭りに臨む。先の東日本大震災で、実家が津波にのみ込まれ、両親は帰らぬ人となった。両親は正男さんが相馬野馬追に出陣することをとても喜んでくれていたという。「父と母には、もっと野馬追を見せてやりたかった。せめて、写真だけでも連れていってやりたいんです」と正男さん。
祭りに参加するためには、馬はもちろん、衣装や甲冑など、すべて自前で用意しなければならない。参加者の個人の負担のみならず、周囲の人々の支援が不可欠だ。正男さんも多くの親戚や縁者の助けを借りながら祭りの支度を整えていく。祭りの表舞台に立つ人に注目が集まるが、こうした陰で支える人たちがいるからこそ、相馬野馬追を執り行うという側面も忘れてはならない。