サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東北エリア(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島) > 東北★応援サイト > もう一度、同じこの場所で商店街の賑わいを復活させたい。

もう一度、同じこの場所で商店街の賑わいを復活させたい。まついわ福幸マート「ココサカエル」(宮城県気仙沼市)

東日本大震災から2年が過ぎ、被災地では、一日も早い復興に向けて仮設店舗での営業を再開する動きが活発化している。宮城県気仙沼市においても、現在11の仮設商店街が営業中だ。中でも11番目にオープンしたのが、松岩地区の古谷館共栄会「ココサカエル」である。「ココサカエル」には、“ここが栄える”という意味と、“ここに帰る(ここさは宮城の方言)”という2つの願いが込められているという。震災の痛手から立ち上がり、復興に向けて歩み始めたまついわ福幸マート「ココサカエル」を訪ねた。(写真左が現会長の小野寺松男さん、右が前会長の薩田和弘さん)