サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東北エリア(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島) > 東北★応援サイト > 震災で落ち込んだ人々に、笑顔と元気を届けたい! > 長期の休館

東日本大震災による津波でいわき市の港周辺は被災したが、スパリゾートハワイアンズは、海岸線から9kmほど内陸に位置していたため、津波の被害を受けることなく地震の影響も少なかった。ところが、その1ヵ月後の4月11日に発生した余震(福島県浜通り地震)によってウォーターパークなどの施設が大きな被害を受け、長期の休館を余儀なくされた。
「地震直後は、きっと近いうちに再開できるってメンバーみんなで話し合っていたんですが、余震でステージが被害を受けてからは、いつ再開できるか目処が立たずとても不安でした」と、スパリゾートハワイアンズダンシングチームのリーダーを務める大森梨江さんは、地震当時の心境を語る。
そんな折、ダンシングチームは地元の人々を励まそうと、避難所を訪問してフラダンスショーを披露する活動を開始した。「これまで大変お世話になってきた地元の方々に、少しでも笑顔と元気を取り戻していただきたいと、踊ろうってみんなで決めたんです。こんな大変なときに不謹慎だって言われないかと、最初はとても不安でした。でも、すぐにその不安は吹き飛んでしまいました。避難所の方々から、“元気がでたよ~。一日も早くステージを再開してね!絶対みにいくから”って、声をかけてくださって。なんか私たちの方が逆に励まされてしまって、涙が止まりませんでした」。

スパリゾートハワイアンズ ダンシングチーム・リーダー
大森 梨江(おおもり りえ)さん

子供の頃、ハワイアンズでフラダンスを踊るお姉さんたちを見て、フラガールになることを決意。念願叶ってハワイアンズに入社。双葉町の自宅には戻ることができず、現在も避難生活を送っている。震災後、再びフラを踊れるようになったことが何よりもうれしい、と笑顔で語ってくれた。
今年、大森さんはチームメンバーの山際麻衣さんとともに、トップダンサーとしてショーの中心を担うソロダンサーに選ばれた。2人のソロダンサーは、約1ヵ月間の特別レッスンを経てハワイアンネームが授与され、6月中旬にデビューの予定。