サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東北エリア(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島) > 東北★応援サイト > 大衆魚からブランド魚へ八戸前沖さばを世界の食卓へ! > 世界最高水準の衛生管理レベル

平成24年9月、従来の魚市場のイメージを一新する八戸市第三魚市場A棟が完成し稼働を開始した。HACCP(ハサップ:食品の製造から出荷における衛生管理の手法)を取り入れ、世界最高水準の衛生管理レベルである対EU輸出基準に対応する国内初の魚市場として、内外から熱い注目を集めている。対EUへの輸出実績があるノルウェー製の魚体搬送設備を導入し、フィッシュポンプで魚を漁船から市場無いに移送した後、魚体搬送コンベアを経由して箱詰めされる。この間、人の手には一切触れずに一連の作業をすべて機械が行う。また、販売は電子入札方式で行われる。「現在、対EUの輸出基準を満たすための準備を行っています。今後A棟のEU登録、加工場のEU認定が進めば、これまでの輸出国に加え、新たにEU諸国への輸出が可能となります。八戸前沖さばのブランドが世界で注目されることになるかも知れませんね」と八戸市水産振興課の加賀允人さん。