サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東北エリア(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島) > 東北★応援サイト > チーム存続の危機を乗り越えて、新たな思いでリーグ頂点を目指す。 > 復興の道のり

今シーズンは、ホームゲームの一部を気仙沼市(11月17-18日・気仙沼市総合体育館)と南三陸町(3月23-24日・南三陸町総合体育館)で開催する。気仙沼市と南三陸町は、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けたまちだ。昨年は仙台市でのホームゲームに被災地の子どもたちを招待する活動に取り組んできたが、今季は「バスケットボールを通じて、被災地の皆さんに元気やパワーを届けたい」との思いから、仙台89ERSが被災地に赴くという。
「地元の方々は、無料でご観戦いただきます。また、気仙沼市と南三陸町以外の方々にもぜひ観戦に来ていただいて、被災地域の人々と一緒に楽しんでいただきたいと思います。被災地の復興には、長い時間がかかることでしょう。私たち仙台89ERSも、被災地のみなさんと一緒に復興の道のりを歩んでいきたい。これからもバスケットを通じて定期的に被災地支援活動を行うとともに、全国にも支援の輪を広げる役割を果たしていきたいと思います」と、中村社長は被災地への熱い思いを語ってくれた。