サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東北エリア > 仙台「文化横丁」特集 > 祥発順

グルメ情報 東北エリア

祥発順

素材の魅力を活かしたあっさり中華 祥発順

「スブタ」(小)は小盆でも2、3人で楽しめるボリューム。「サッポロ生ビール黒ラベル」(中びん)

モダンなフロアで、本格中華に舌鼓

コンクリートとタイル、大きな窓が洗練されたデザインの『祥発順』。建てられた昭和41年当時、このビルは仙台初の個人によって建設されたビルだったそうです。瀟洒な天井の造作やタイル張りで描かれた「双喜」の文字、コンクリートの質感を活かした2階や3階の造作などを見るだに、デザインを担当した 知成さんのお父さまはかなりの粋人なのだなあ、と感心するばかり。文化横丁の景色を眺めながら、一番人気の「スブタ」をいただきます。フルーティな酸味と甘みのあん、かりっと揚がった衣、ジューシーな豚肉がまさに三位一体のおいしさ。タマネギやピーマンはしゃきしゃきで、快い歯ざわりです。熱々のスブタをはふはふ、そしてしっかり冷えた「サッポロ生ビール黒ラベル」をきゅーっとあおれば、スブタの甘酸っぱさと熱さをビールのほろ苦さと冷たさが洗い流し、次のひと口へと心が向かいます。

素材本来の味わいを活かし、あっさりと

五目チャーハン、焼売、スープ

「五目チャーハン」、「焼売」。炒飯に添えられたスープも絶品!

中華料理の永遠のスタンダード・炒飯と焼売。炒飯にはその店の実力が顕著に現れる、といいますが、『祥発順』の「五目チャーハン」に改めてその言葉の正しさを知ります。ぱらぱらと香ばしく、しかも米本来のしっとり感を内に秘めた絶妙の炒め具合!焼豚やネギ、卵の風味が米と調和しながら、単調さを感じさせないアクセントに。ふわふわの食感から肉汁があふれる焼売は、シイタケの旨みとタケノコのコリコリ感もポイントです。中国料理というと、スパイスや調味料を駆使したこってりとした味わい、と想像しがちですが、『祥発順』にそのイメージはあてはまりません。昭和21年、福建省出身の初代店主によって創業され、二代目によって発展、そして今、三代目である知成さんによって受け継がれる味わいは、スパイスや油脂を使いすぎず、素材本来の魅力を活かす味わいなのです。

グループなら2階・3階がおすすめ

店内

淡いグリーンのタイルが張られた壁と、瀟洒(しょうしゃ)な造作の天井など見どころも多し。

2階に上がると、家族や小グループで利用するのにちょうどいい個室が並んでいます。畳敷きなので、小さい赤ちゃんがいる家族にも安心。3階には、がらりと雰囲気が変わってコンクリート打ちっぱなしのモダンな洋室が。30名ほどで利用できる広さも魅力です。窓の外には、抜けの良い空。ふと目線を下げれば、文化横丁ののどかな家並。まるで外国のアパートメントのような化粧室も含め、実に美しくユニークな造作です。幼いころは遊び場だった文化横丁が、今では職場に。昭和から平成へ、横丁の過渡期を成長しながら見つめてきた知成さんだから、変わらないもの、変わりゆくもの、その両方の価値を知っています。「長く通ってくれているお客さんのために、『祥発順』らしい味わいは変えるつもりありません。ただ、いつもおいしい、と言ってもらうためには、常に成長していかなければいけないと思っています」。

SHOP DATA

祥発順

祥発順 地図

●住所 仙台市青葉区一番町2-4-18
●TEL 022-227-7575
●営業時間 11:30~14:30、17:00~21:00(20:50LO)
●席数 1階テーブル30席、2階和室(個室)63名、3階洋室30名
●定休日 木曜日
●使用できる
  カード
なし

お店からひと言

「うちはずっと昔からサッポロの黒ラベルを使っています。お客さんがただ「ビール」とおっしゃったときは必ずこれ、というくらい、お客さんたちからの信頼も厚いです」。

お店で飲めるビール

サッポロ生ビール黒ラベル
(中びん)

お店のご利用にあたって

掲載されているお店のデータは取材時点での情報に基づいております。予告なく変更される場合がありますのでご来店の際には事前にお店にご確認ください。