サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東北エリア > 仙台「文化横丁」特集 > 源氏

グルメ情報 東北エリア

源氏

仙台に『源氏』あり、と謳われる名店 源氏

写真手前から時計回りに「焚き合わせ」「ぬか漬け」「奴」「おでん」「ヱビス<ザ・ブラック>樽生」(お通し付き)「金目鯛と鰹の銀皮造り」。

昭和25年開店、変わらぬ佇まいを守る

文化横丁の中の、さらに細い路地を入り、曲がり、ようやくたどり着く。縄暖簾をくぐって扉を開ければ、まるでそこだけ別の物語に入り込んだような、静謐な空間が広がります。ここは『源氏』。良き酒、良き酒場を愛する人が、全国から集う店。中には、ここを訪れるためだけに仙台へ来る、という人までいます。杉の一枚板を使ったコの字型のカウンターは、昭和25年の開店以来磨きに磨かれて木目が緩く浮き出しており、椅子も人の座る位置にあわせてやさしくカーヴしているほど。あるがままの美を、暗めの照明が淡く照らし出し、外の賑わいがまるで嘘のような別空間です。開店以来変わらぬ『源氏』の作法。それは、「酒はひとり四杯まで」。一杯ごとに異なるお通しとともに酒が供され、四杯めにはおでんまたは味噌汁。それで締め。酒のきれいな飲み方を教えてくれる、そんな店でもあるのです。「ヱビス<ザ・ブラック>」をたっぷりジョッキで楽しめるのも、文化横丁ではここだけ。最初の一杯から、プレミアムな味わいを楽しみましょう。

酒はひとり四杯まで。それが信条

お通し

開店以来、大切にメンテナンスしながら使い継いでいる酒燗器も『源氏』の名物。剣先コップにガラスの受け皿、というスタイルも懐かしい。

この日の一杯目のお通しは焚き合わせとぬか漬け。カボチャと帆立、コンニャク、鮪、獅子唐をそれぞれ別に焚いた手間の逸品です。味移りせず、それぞれの風味がきちんと活きています。ぬか漬けは開店以来、大事に育ててきたぬか床で漬けた季節の野菜。ほんのり発酵した酸味とコクが絶妙です。二杯目には、シンプルながらほんとうにおいしいお豆腐を使った冷奴。寒い季節には温めて出してくれます。三杯めには、金目鯛と鰹の銀皮造りを。ねっとりと甘い金目鯛、皮と、皮目の脂の美味さがアクセントとなる鰹の銀皮造り。いよいよ日本酒に移りたくなる頃でしょうか。日本酒はすべてお通しつきで、秋田の「新政」、「南部美人」、「国盛り にごり」などが楽しめます。四杯めに、だしの美味しさを味わい、お腹をぬくめてくれるおでんまたは味噌汁。しみじみと、あたたまります。

文化横丁でも最も古い歴史を有する

店内

まるで古き良き物語のような、店内の風景。BGMはなく、おかみさんとお客さんのやりとりやお客さん同士の会話が静かに交わされます。

かつて穀物蔵だったという『源氏』の建物は、おそらくは文化横丁で一番古い建物でしょう。店の歴史としても、文化横丁最古参のひとつです。移り変わってゆく時間、そして環境のなかで、「変わらないこと」を保っていくのはほんとうに難しいこと。壊れないように、損なわないようにすべてのものを大切にしてきたからこそ、今の『源氏』がある。「この文化横丁だったからこそ、こうして続けてこれたのかもしれませんね」とおかみさん。お店は文化横丁に育てられ、またお店が文化横丁を育てる。そんな美しい相関関係が、このまちにはあるのかもしれません。

SHOP DATA

源氏

源氏 地図

●住所 仙台市青葉区一番町2-4-8
●TEL 022-222-8485
●営業時間 17:00~23:00
●席数 カウンター20席
●定休日 日曜、祝日定休
●使用できる
  カード
なし

お店からひと言

源氏 髙橋雛子さん

髙橋雛子さん

「ヱビス<ザ・ブラック>樽生はほんとうにおいしい。お客さま皆さまが絶賛されております。サーバーも定期的にメンテナンスしてくれるので、信頼できますね」。

お店で飲めるビール

ヱビス<ザ・ブラック>樽生
(ジョッキ、お通し付き)

お店のご利用にあたって

掲載されているお店のデータは取材時点での情報に基づいております。予告なく変更される場合がありますのでご来店の際には事前にお店にご確認ください。