サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東北エリア > 仙台「文化横丁」特集 > とりっこ文店

グルメ情報 東北エリア

とりっこ文店

比内地鶏とヱビス生ががっぷり四つに とりっこ文店

生姜を効かせたつくねに温玉を添えた「お月見つくね」。本日の「親方おまかせ4本」は、右より「砂肝」、胸肉を皮で包んだ「胸ぽん」、「ねぎま」、「手羽いかだ」。「ヱビス<樽生>」。

比内地鶏のおいしさを余すところなく味わう

横丁へと足を踏み入れた途端、ふわん、と鼻をくすぐる香ばしい匂い。ああ、上質な鶏をいい炭で炙っているな、きっとうまい焼きとりだろうな、と『とりっこ文店』に飛び込んだなら、その予想は大当たりの間違いなし。今夜の文化横丁探訪は、ここからスタートです。まずはキリキリに冷えた生ビールをオーダー。間髪入れずに焼きとりメニューに眼を走らせると、そこには燦然と「比内地鶏」の文字が。なるほどあの香りの力強さ、と納得しながら、まずは「親方おまかせ」で小手調べといきましょう。値段は、焼きとりとしては決して安くはありません。しかし、そのむっちりとした弾力と濃い味わい、ぱりっとジューシーな焼きの技術、食べごたえのあるポーションの大きさを考えれば、驚くほどの満足感が楽しめるのです。

しみじみと旨いスープの塩ラーメン

塩ラーメン

「塩ラーメン」(ラーメンのみの注文は不可)。桃豚を炭火で炙ったチャーシューやワンタンのトッピングも人気。

あっさりとした胸肉を皮で包んで香ばしさを増した「胸ぽん」や、モモ肉・胸肉・足ケンの異なる部位を一挙に味わえる「ねぎま」、さらには焼き餃子や焼売、きりたんぽ鍋といった多彩な料理法で比内地鶏のおいしさを楽しませてくれる『とりっこ文店』。お昼ごはんにはとろっとろの「親子丼」に加え、ラーメンが人気です。醤油や味噌もいいけれど、いちおしは比内地鶏のダシがストレートに味わえる「塩ラーメン」。ガラとネギとを弱火で8時間かけて炊き出したスープは、澄んだ黄金色。ひと口めには淡く優しく感じられ、味わうごとにはっきりくっきりとした旨みが浮かび上がります。対する麺は、絡み抜群の細麺。ぷりぷりとした食感がまた相性よし。

横丁東の入口で、行き交う人をあたたかく見守る

とりっこ文店

比内地鶏の旨みをひきだすため、塩などの調味料も吟味。焼きとりや「とりわさ」、「鶏すきやき」といった鶏料理に加え、新鮮な魚介料理も用意しています。

親方である今野さんが「うちはまだまだ新参者」と笑う『とりっこ文店』がオープンしたのは2009年の5月。芭蕉の辻にある本店とはまた異なる楽しみかたをしてほしい、と文化横丁に居を定め、「分店」の「分」を文化横丁の「文」に変えました。「文化横丁のいいところは、どの店もお互いの店を思いやりながら共存共栄しているところ。客引きする人なんていないし、そんな必要もない。訪れる人も、安心して楽しんでもらえるいい町です」と、今野さんも太鼓判を押します。今日も『とりっこ文店』は横丁の東の入口で、細い小路を行き交う人を笑顔で迎え、送り出しています。

SHOP DATA

とりっこ文店

とりっこ文店 地図

●住所 仙台市青葉区一番町2-3-41
●TEL 022-224-6990
●営業時間 月~土曜 13:30~14:00-LO
17:30~23:00
日曜・祝日 11:30~14:00-LO
連休の場合、初日の夜は営業
●席数 カウンター6席、テーブル12席
●使用できるカード VISA、MC、AMEX他

お店からひと言

とりっこ文店 今野強さん

今野強さん

「比内地鶏は味わいにたくましさと繊細さが同居している素材。だから、あわせるビールもしっかりと旨みの濃いヱビス<樽生>が最高です。これが一番!(笑)。」

お店で飲めるビール

ヱビス<樽生>

お店のご利用にあたって

掲載されているお店のデータは取材時点での情報に基づいております。予告なく変更される場合がありますのでご来店の際には事前にお店にご確認ください。