サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 東北エリア > 仙台「文化横丁」特集 > 土産土法 さかな亭

グルメ情報 東北エリア

土産土法 さかな亭

安くてうまい、とらふぐ料理の心意気 土産土法 さかな亭

手前右より「つきだし」、「てっさ 」(写真は3人前)、「磯つぶ」、「サッポロ生ビール」。

細い階段の先に広がる、新鮮魚介のうまき店

文化横丁は、横並びにはもちろん、縦にもお店がぎっしり並ぶまち。横丁東側の入口近くには、特にそれが顕著です。見上げれば、窓の数より多いかも、と思えるほどにひしめく看板。『土産土法 さかな亭』はそんなビルの一角にあります。男性は頭をぶつけないように気をつけて、細い階段をのぼってくださいね。三陸の魚介が豊富に味わえる『さかな亭』の中でも、特に注目したいのが「ふぐ」。長崎に揚がったものを中心に、石巻産なども使用するとらふぐは天然ものを第一とし、天然ものが希少な時期でも天然に近いかたちで蓄養したものを吟味しています。めかぶ酢、牡蠣豆腐、磯つぶ、海老の手毬寿司。酸味や甘み、塩気などそれぞれ異なるアクセントを置いて海の豊かさを寄せた「つきだし」を楽しみながら、美しい主役の登場を待ちましょうか。

「てっさ」に「ぶつさし」。本物のふぐを知る

ふぐ料理

ふぐ料理はほぼ一年を通して楽しめますが、漁の状況によっては水揚げ量が少ないことも。確実に味わうなら予約がおすすめです。

白磁の皿よりも白く透明感のある薄造りにされた「てっさ」は、とらふぐ自体の質の良さと高い技術の賜物。湯引きの皮やアサツキ、もみじおろしとともにポン酢で味わえば、しこしことした歯ごたえと香味の中からふぐ自体の滋味がにじみ出てきます。ふと品書きを見返すと、「てっさ」の次に「ぶつさし」という見慣れない言葉が。「ぶつ切り、といえるほどに厚くひいたお刺身です。仙台ではほとんど見かけないスタイルですが、これでなければ、という方も結構いるんですよ」とご主人の阿部智さん。厚造りによって弾力が増し、身の甘さも際立つ贅沢な味わいかたです。

店主の気持ちが味わいと価格に映る

土産土法 さかな亭 店内

「こんな夜に・・・」「村祐」「酔右衛門」といった隠し酒も。血抜きして1週間干し、炙った「とらふぐひれ酒」も人気。

「てっさ」に「ぶつさし」、「てっちり」、焼きふぐに唐揚げ。『さかな亭』は、ふぐを味わう文化を確かな腕で伝えてくれる頼もしい存在です。「ふぐは高級魚だけれど、折角なら本物をできるだけたくさんの人に味わってほしい、若い人たちでも気軽に味わえる“うまいもの”であってほしい、と思ったんです」。そう話す阿部さんと大森さんの気持ちは価格にも現れ、「てっちり」をメインにした「とらふぐセット」が、唐揚げも楽しめる「とらふぐコース」がとまさに破格!阿部さんが「自分にとって飲み飽きなくて、一番好きなビール」と誉める「サッポロ生ビール」とともに、思う存分、ふぐを満喫しましょう。

SHOP DATA

土産土法 さかな亭

土産土法 さかな亭 地図

●住所 仙台市青葉区一番町2-4-8 3F
●TEL 022-265-6625
●営業時間 17:30~24:00(23:00LO)
●定休日 月1、2回不定休
●席数 カウンター4席、テーブル12席
●使用できるカード なし

お店からひと言

土産土法 さかな亭 大森亜衣子さん

大森亜衣子さん

「東北の人に、ふぐを気軽に食べてもらいたい。それがお店の出発点です。黒ラベルはしっかりした日本料理にも相性がよく、飲み飽きしないのがいいですね。」

お店で飲めるビール

サッポロ生ビール
サッポロラガービール
(大びん)
芋焼酎「からり芋」
(ボトル)

お店のご利用にあたって

掲載されているお店のデータは取材時点での情報に基づいております。予告なく変更される場合がありますのでご来店の際には事前にお店にご確認ください。