サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 九州・沖縄エリア(福岡・長崎・佐賀・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄) > 九州・沖縄 うまいもん巡り > おいしい鶏は、健康でストレスの無い環境で育つ。

おいしい鶏は、健康でストレスの無い環境で育つ。福岡県福岡市博多区千代 トリゼンフーズ 河津 英弘氏

鶏らしい旨味と、おいしい舌触り、臭みのなさで有名な「華味鳥」を生産販売するトリゼングループ。自然でストレスの少ない環境と独自にブレンドした飼料を与えて、おいしい鶏を育てています。「鶏の水炊き」が味わえるレストラン事業の展開や、地球環境に配慮した循環型システムの構築など、新しい取り組みにも挑んでいます。
Photo
Recipe

調理例<鶏の水炊き>
クセのない旨味のある鶏肉は、水炊きによく合います。トリゼングループ各飲食店舗でもお召し上がりいただけます。

Interview

養鶏に取り組まれた経緯を教えていただけますか?

創業者の河津善陽(よしはる)が昭和24年に、福岡市で鶏肉の小売業を開業させたのが当社のスタートです。昭和31年には中洲新橋市場で鳥肉専門店を開き、昭和40年に有限会社「とり善」を設立しました。理想の鶏を育てるために自ら養鶏にも取り組む決意をしまして、さらに昭和47年には唐津市に鶏の処理場を開設。そして昭和63年、創業者の後を継ぐ現社長の河津善博がブランドとして「華味鳥」を誕生させました。

「華味鳥」はどんな鶏なのですか?

一言で言うと、鶏の本来の旨みを味わうことができて、鶏特有の臭みが気にならないのが特長です。肉は淡く美しいピンク色をしています。食卓を彩る「華」をイメージして、「華味鳥」と名付けました。誕生以来、みなさまに大変好評を頂いております。

そのためにどのような工夫をされているのですか?

おいしい鶏を作るためには、健康でなくてはなりません。そのために開放鶏舎でオリジナルの専用飼料を与え、毎日愛情欠かさず世話をして、手間暇かけて育てます。
外光を遮断しエアコンでコントロールされた環境で育てるのが、現在の養鶏の主流となってきていますが、当社では飼育環境にこだわり、開放鶏舎で育てています。開放鶏舎というのは、より自然に近い環境で鶏を育てることを目指し、外気や外光を取り込んだ環境で育てるものです。自然の光と風を受けることができ、鶏は元気に健康に育ちます。その分管理は大変になりますが、おいしい鶏は「鶏らしい」環境でしか育たないのです。
飼料は「華味鳥」のために特別なものを開発いたしました。良質の鶏は、良質の餌を与えなくては育つことはできません。海草、ハーブなどのエキスを米糖、大豆粕などに混ぜて長期発酵させ、理想的な飼料を与えています。

飼育員によって鶏の肉質は変わってくるのでしょうか?

実際に鶏の世話にする人はとても重要です。開放鶏舎では、窓の開閉や日除けなどの作業を頻繁に行い、鶏にとって快適な環境を維持する必要があります。部分も含めてストレスのなく健康を維持することがおいしい鶏づくりのためにとても重要なのです。
鶏が鶏らしく育つ環境でこそ、おいしい鶏が育つと確信しています。

レストラン事業も手がけられていますか?

トリゼングループではレストラン事業も手がけており、グループの各飲食店舗でも「華味鳥」を召し上がっていただけます。

将来どんなことに取り組んで行きたいですか?

現在、地球環境に配慮した循環型システムを構築しています。養鶏では、鶏の排泄物である鶏糞が大量に発生します。これを有効に活用するために、鶏糞を原料に土壌改良資材やバイオエキスを製造し販売を開始しました。
鶏糞を原料とした肥料を与えて野菜を育て、育てた芋やコメから焼酎や清酒を醸造するなどの取り組みをしています。まだまだ規模は小さいのですが、是非とも広げていきたいと思います。

  • サッポロ生ビール黒ラベルについて一言

    原料にこだわっていて、本格的な味わいだと思います。食の生産は、川上というか原料に気を配ることがおいしさや品質を維持する上でとても大切です。我々も養鶏業者と密な関係を築いていて協働契約栽培の取り組みにとても共感を覚えます。

  • 取材先について

    トリゼンフーズ 株式会社 http://www.torizenfoods.jp/