サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

ホーム > お店とエリア > 近畿エリア(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山) > CITY LIGHTS 豊岡 > vol.02 カバンづくりの学校

カバンのまち豊岡ならではの魅力を作り上げるために。

バッグワークス株式会社 商品企画部/生産部 池田 良成さん

いけだ よしなり
1979年、大阪市生まれ。ものづくりの仕事を探していた際にトヨオカ・カバン・アルチザン・スクールと出合い、2015年に入学と同時に豊岡市に移住。卒業後、2016年にバッグワークス株式会社 へ入社。現在は製造を担当しながら、企画などにも参画する。豊岡市在住4年目。

池田 良成さん

モノづくりに挑戦したくて、カバンづくりの学校へ。

トヨオカ・カバン・アルチザン・スクール イメージ

——池田さんは大阪のご出身で、トヨオカ・カバン・アルチザン・スクールの卒業生だと伺いました。カバンづくりといえば、やっぱり豊岡!といった意気込みでここに来られたんですか?

池田 いえ、それは全く違って(笑)。以前からモノづくりの仕事がしたいと思っていろいろ探していた時に偶然見つけたのがトヨオカ・カバン・アルチザン・スクールだったんです。それまでは豊岡がカバンの産地であることも全然知らなくて。この学校を見つけた時も、なんでこんな場所にカバンの学校があるんかな?と思ったぐらいで(笑)。調べたら、豊岡が昔からカバンの産地であることや、たくさんの企業があることを知って驚いたぐらいなんですよ。

トヨオカ・カバン・アルチザン・スクール イメージ

——そうだったんですか。実際、学校ではどんなことを学ばれて、そしてなぜ豊岡を就職先に選ばれたんですか?

池田 トヨオカ・カバン・アルチザン・スクールは全国から生徒が集まってきていて、出身地も年齢も様々。けれど、共通するのは本気でカバンを学びたいという思いでした。1年間かけて朝9時から18時まで週5日のペースで授業があり、2週間に1個のペースでカバンを作っていくんです。最初は知識も技術もゼロの状態でしたが、最終的には企画からデザイン、縫製まで、自分一人でカバンが作れるまでの技術が学べ、経営の知識なども教えてもらえる。一人の職人として独り立ちできるノウハウが学べる場所でしたね。卒業後はもっとカバンの勉強がしたいと思ったので、その産地でもある豊岡に残ることに迷いはありませんでした。その中でもバッグワークス株式会社の商品づくりに興味があったので、当時は社員を募集していないところをお願いして入社させてもらったんです。

池田 良成さん デザインイメージ

——現在はどういったお仕事を担当されているのですか?

池田 今は縫製と企画を担当していて、縫製に関しては最初から完成まで一通りやらさせてもらっています。企画はというと、お客さんに喜んでもらえる商品を作りたいと思って、いろいろアイデアは出してはいますが、残念ながらまだ結果は出せていません。展示会にも行かせてもらっているので、生で聞いたお客さんの声を活かした商品を作れればとは思っているんですが……。この仕事は10年やって一人前ともいわれるので、まだまだ先は長いです。今は早くそれに到達できるよう日々試行錯誤しながら頑張っている最中です。

豊岡は近くて密なコミュニケーションがある街。

——大阪から移住されて今、4年目ということですが、移住者から見た豊岡はどんな街ですか?

池田 大阪と比べて街の賑わいでいえば、寂しいという印象は正直あります。けれど、自然は豊かで山も海も近くにあって、温泉もたくさんあるし、この街ならではの魅力もいっぱいです。来た当時に比べたらオシャレなお店もできてきたし、IターンやUターンで豊岡に来て頑張っている若い人たちがすごく増えてきているので、これからの発展が楽しみな街にもなりましたね。

池田 良成さん
池田 良成さんイメージ

——人との付き合い方も変わってきました?

池田 確かにどこに行っても知り合いに会う確率は多くなったかも(笑)。それと、ご近所の人が野菜をくれたり、「おはようございます」「こんばんは」といった挨拶を交わす頻度は格段に増えました。近くて密なコミュニケーションがあることはいいと思います。

——カバンの仕事に従事して4年目を迎えますが、将来の目標は?

池田 豊岡で働いていて感じることは、豊岡がカバンの街だということを特に若い世代は知らない人が多いということ。その上で一日でも早くいい商品を作って多くの人に知ってもらい、カバン産業の発展に少しでも貢献できたらと思っています。当然、会社の売り上げにも貢献したいし、自社ショップを大阪や東京といった都心部に開きたいとも思っています。そのためにも、まずは自分の企画を通すことが先決ですが(笑)。もっともっと勉強して、カバン産業を盛り上げる一役を担えるようになるのが目標です。

池田 良成さんと仲間
トヨオカ・カバン・アルチザン・スクール

トヨオカ・カバン・アルチザン・スクール

次世代を担うカバン職人として、カバンづくりに関する幅広い知識や専門的な技術習得を目指した1年制のカバンの専門校として2014年に開校。全国から受講生が集まり、多くのカバン職人を輩出する。
≫ http://www.artisanschool.net

CITY LIGHTS 豊岡 Photo Gallery Vol.2 ひとが輝くまちの風景