サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 北関東・信越エリア(茨城・栃木・群馬・長野・新潟) > 北関東・信越地方の四季を感じる食巡り > 本物の出会い 栃木の旅 > 大衆酒場 いごっそ

この逸品料理!

名物「チューリップ」(1本90円)には
「サッポロ生ビール黒ラベル」が良く合う!

看板メニューは、骨付き鶏の唐揚げ「チューリップ」だ。店を訪れるほとんどの人が注文するという名物の唐揚げには、「四万十(しまんと)鶏」を中心とした高知県産の骨付き鶏肉を使用。カラッと揚げて花開いた「チューリップ」は、カリッとした食感の後に、鶏肉のジューシーなうまみが口の中に広がる。唐揚げにはやっぱりビール!是非、「サッポロ生ビール黒ラベル<樽生>」と一緒にご賞味いただきたい。お刺身なら「カツオのたたき」がおススメ。高知直送の新鮮な鰹の表面を炭火で炙ったたたきは、香ばしく、濃厚な味わいを楽しめる。また、ホルモン専門店をグループに持つ強みを活かして、フレッシュなホルモンを用意。2日間ぐつぐつと煮込んだ「もつ煮込み」は臭みがなく、口の中でとろけるほど柔らかい。炭火で焼き上げるレバーやハラミなどの「串焼き」は1本90円とリーズナブルだ。
さらに、“赤星”の愛称で知られ、140年という日本で最も歴史あるビールブランド「サッポロラガービール」を飲めるのも嬉しい。瓶ビールを片手に手酌でトクトクと注いでグイッと飲むと、まさに昔ながらの大衆居酒屋の雰囲気を楽しめる。

高知産の鰹を味わえる
「カツオのたたき」(390円)

ひと手間をかけて2日間煮込んだ
「もつ煮込み」(290円)

「お通し」(200円)は3種類の
日替り“おばんざい”から選べる

お店の紹介

2016年9月16日に、JR小山駅西口からすぐという好立地にオープンした大衆酒場。昭和の雰囲気を醸し出す店内は、軒をくぐって小あがりに上がるなど洒落たつくりになっている。手づくりにこだわった料理の数々をリーズナブルに楽しめ、カウンター席、テーブル席、座敷と様々なシーンで利用できるので、地元の住民や大学生はもちろんのこと、近隣に点在する工場への出張者のリピーターも少なくない。
土佐弁で“頑固者”を意味する「いごっそ」という店名通り、社長は高知県出身。高知の料理にこだわっているわけではないが、鰹や鶏などには高知県産の食材を取り入れている。また、駅の東口と西口に2店舗を運営する「横谷(よこや)ホルモン」の強みを活かした新鮮なホルモンを使った煮込みや串焼きもおススメ。ノスタルジックな雰囲気の中、どこか懐かしい料理とともに、昔ながらの瓶ビール「サッポロラガービール」を注いだグラスを傾けると、古き良き時代にタイムスリップしたような錯覚を起こしてしまうお店だ。

お店の紹介

お店からのご挨拶

お店からのご挨拶

代表取締役 横谷勇興氏

当店は、新鮮なホルモンを七輪で焼いて楽しめる「横谷ホルモン」を母体に今年(2016年)オープンした大衆酒場です。ゆったりとした昭和の雰囲気の中で、手づくりにこだわった自慢の料理と、うまいお酒の数々を気軽に楽しんでいただけるお店です。
小山市は、東京からも近く、栃木県内第二の都市ながら、「水と緑と大地」の豊かな自然環境に恵まれています。ラムサール条約に登録された「渡良瀬遊水地」は日本最大級のヨシ原に、絶滅危惧種を含む数多くの動植物が生息している“生きている自然の博物館”です。また、徳川家康が関ヶ原の合戦に臨むことを決めた「小山評定(おやまひょうじょう)」が行われ、結果として江戸幕府成立に道筋をつけ、日本の行く末を決定づけたという“開運のまちおやま”でもあります。季節ごとにイベントも開かれていますので、気軽な行楽地としてもお楽しみいただけると思います。地元の方はもちろんのこと、仕事や観光で小山にお越しの際には、是非、当店へお立ち寄りください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

大衆酒場 いごっそ

住所:栃木県小山市中央町3-6-7 若色ビル1F
電話番号:0285-39-8857
営業時間:11:00~23:00
定休日:木曜日
席数:31席
想定客単価:2,000~2,500円

※価格は税抜きで、2016年10月28日時点の金額です。
※内容に関しましてはご来店前にお店へご確認ください。

大衆酒場 いごっそ
他のエリアのお店
  • 新潟のお店
  • 長野のお店
  • 群馬のお店
  • 茨城のお店
  • 栃木のお店