サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 北海道エリア(北海道) > キュンちゃんがナビゲートゆるゆる北海道紀行「北海道ご当地トラベラー」Vol.2

キュンちゃんとは?

キュンちゃんはエゾナキウサギ。まあるい耳とつぶらな瞳が特徴の北海道にしかいない、たったひとつのキャラクターです。2011年からプレキャンペーンがスタートした「北海道デスティネーションキャンペーン」のイメージキャラクターとして、北海道にしかない“こころにキュンとくる旅”を応援します。「北海道ご当地トラベラー」では、サッポロビール各支社の支社長と一緒に道内各地の魅力あふれる旅へとナビゲート。ご当地キュンちゃんやゆるキャラ仲間も登場します!

キュンちゃん

今回のトラベラー:栗原 史さん

サッポロビール(株)北海道本部道南支社長が暮らす函館を中心とした道南地方は、北海道開拓の歴史の礎となった地域です。松前といえば松前漬、江差といえばニシン、エートそれから……と、そこに現れたのはご存じキュンちゃん。旅行カバンを差し出しました。そうか、実際に足を運んで、自分の目で確かめてくればいいんだね。栗原支社長、さっそく松前・江差へ。さて、今回の旅ではどんな出会いが待っているのでしょうか。

栗原支社長がいく 道南しみじみ紀行

【第4話 江差いにしえ街道篇】古き良き時代を映す「江差いにしえ街道」

 ニシンそばですっかり満腹になった栗原支社長、腹ごなしを兼ねて散策を楽しもうと「江差いにしえ街道」へ。「江差の5月は江戸にもない」と謳われるほどの栄華を誇った古き良き江差の街並みを再現したエリアです。明治~昭和初期の歴史的建造物を再現した街並みを歩くだけでタイムスリップ気分に浸れます。
レトロな風景を楽しみながら栗原支社長が向かったのは、国の重要文化財にも指定されている「旧中村家住宅」。江戸時代から日本海沿岸の漁家を相手に海産物の仲買商を営んでいた近江商人が建てた家で、当時の問屋建築の代表的な造りとなっています。ニシン漁全盛時代に思いをはせ、感慨にひたる栗原支社長でありました。


由緒正しいお土産・五勝手屋羊羹

江差の旅もそろそろ終盤。家族へのお土産を選ぶために栗原支社長が訪れたのは「五勝手屋本舗」。明治3(1870)年創業の和菓子屋で、北海道産金時豆を使って一日がかりで練り上げられる「五勝手屋羊羹」は松前藩主に献上して大いに喜ばれたほか、昭和天皇の行幸の折にもお土産として献上された由緒ある味わいです。ビールはもちろん甘いものもイケる口の栗原支社長、お土産の羊羹を選びながらも店頭の最中やカステラについつい目が……。


ご当地キャラのはしり?江差の繁次郎(しげじろう)

江差の旅のラストはやっぱり海の風景で締めくくりたい。栗原支社長が向かったのは国道227号線沿いにある「繁次郎浜」。ユニークな名前は、江戸時代に実在したといわれるとんちの名人“江差の繁次郎”に由来します。愉快なとんちで町中に笑いを巻き起こしていたと伝えられる繁次郎。その名を冠した浜には繁次郎のユーモラスな像が立ち、大きな目をぎょろぎょろさせて旅人を迎えてくれます。
そばにある道の駅で繁次郎手ぬぐいを購入した栗原支社長。次に江差を訪れるときには繁次郎キャラが迎えてくれるかもしれないな……思わず顔をほころばせながら、江差の海に別れを告げるのでありました。


スタッフの「ここがオススメ!」 旧中村家住宅案内人 川畑 未樹さん

繁次郎イメージキャラクター
まもなくデビュー!

江差町では2012年の江差追分全国大会50周年を記念して、江差追分と江差の繁次郎をイメージしたキャラクター&愛称を公募※。全国から寄せられた個性豊かな作品の中から選考を重ね、江差の新しいキャラクターがデビューすることになりました!発表を楽しみにお待ちください。
※ 募集は8月31日で終了しています。

繁次郎

«  123

北海道デスティネーションキャンペーンって?

こころにくる旅。キュンと北海道

北海道デスティネーションキャンペーン「こころにくる旅。キュンと北海道」は、JRグループの協力のもと、北海道、北海道観光振興機構が中心となり、北海道の観光並びに農林水産関係団体・企業・マスコミ等が一体となって開催する大規模なキャンペーンです。今回のキャンペーンでは、ここでしかできないもの、ここにしかないものをテーマに、地元の食や体験を通して「北海道にしかない、新しい発見の旅」を提案します。イメージキャラクターは、エゾナキウサギをモチーフにした「キュンちゃん」。キュンちゃんと共に、ゆったりとした時間を過ごすスローステイの旅をお届けします。

道南エリアのおすすめ飲食店