サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 北海道エリア(北海道) > キュンちゃんがナビゲートゆるゆる北海道紀行「北海道ご当地トラベラーZ」Vol.2

井上さんがゆく 夕張ニヒル紀行

今回のトラベラー サッポロビール(株) 井上和男さん

食後によく冷えたメロンを食べながら私は思った。メロンといえば夕張。行ったことがないけれど、どんな町なのだろう……むむ?キミはキュンちゃんではないか。なになに、夕張の楽しみはメロンだけじゃない?なるほど、ふだんニヒルな私だが、ネクタイを解いてのんびりと旅に出かけてみるか。

今井俊之さん
キュンちゃん

【第4話 バリー屋台篇】夕張の夜を味わう「バリー屋台」

夕張の見どころを回り、そろそろおなかが空いてきた。今夜のお目当ては「バリー屋台」。JR夕張駅のすぐそばにある屋台村だ。う~ん、赤ちょうちんが呼んでいる!さっそく中へ入ってみると、昭和の街並みを思わせるレトロな雰囲気。各店舗の引き戸や屋根に炭鉱住宅の廃材を使っているそうだ。中央はフリースペースで、好きな店の料理を持ち寄って食べることができるらしい。どのお店もおいしそうで、あれも食べたい、これも食べたい……エーイ、とりあえずビール!

  • バリー屋台に到着!赤ちょうちんを見るとテンションあがる~!
  • 炭鉱住宅の廃材を再利用した内装が昭和レトロでいい雰囲気だ。なんだか懐かしいなぁ……。
  • のれんの向こうからおいしそうな匂いが。さて、どの店に入ってみようか?

今も昔も夕張で人気の味がズラリ

最初にのれんをくぐったのはジンギスカンと串焼きの店「つるちゃん」。人気の「ピリ辛ジンホル」をほおばりながら、一見コワそうだけど笑顔がカワイイ店長と夕張の夜にカンパイ!せっかくだからいろんなお店を回ってみよう。次に訪れたのは「時代屋」。函館出身の店長自慢のイカ料理をはじめ、おつまみから丼までメニューは豊富。炭坑マンも愛したあんかけ焼きそばでビール2杯目、いただきます。麺モノといえば、いま夕張ではカレーそばがご当地グルメとして注目を集めているらしい。というわけで元祖・夕張カレーそばの味を受け継ぐ「鹿の谷3丁目食堂」へ。屋台めぐりはまだまだ続く!

  • まずはジンギスカンと串焼きの店「つるちゃん」でかけつけ1杯。屋台の夜は始まったばかりだ!
  • ジンギスカンとホルモンが一度に味わえるピリ辛ジンホル650円。鉄板ジュージュー、ピリ辛味噌味でビールが進む~!
  • 一見こわそう?じつは笑顔がカワイイご主人とカンパーイ!夕張の人はみなさん気さくだなぁ。
  • 飲み食い処「時代屋」の海鮮あんかけ焼きそば850円。魚介と野菜がたっぷりでボリューム満点。
  • パリパリのかた揚げそばにあんがとろ~りからんで美味!ううむ、箸が止まらないぞ。
  • 夕張カレーそばの元祖「藤の屋」直伝の味が自慢の「鹿の谷食堂3丁目」。若い人が頑張っているのは頼もしいね。
  • カレーそば680円。豚バラ肉の旨みとタマネギの甘み、スパイシーな辛さが食欲をそそるのだ。

【ここがポイント!】バリー屋台の元気を夕張のパワーに!

昭和の男にとって屋台といえばおでんが定番。「でんおう」の味わい深いおでんでシブくキメていると店の外からスパイシーな香りが……おや、洋風居酒屋「かしゅかしゅ」の自慢はスープカレーとな。栗山町の野菜をたっぷり使ったカレーは女性にも人気らしい。お次はその名も「夕張ラーメン」。店名そのままのラーメンは炭鉱の町らしく黒いスープに黒い麺。鶏ガラ+豚骨のあっさりとしていてコクがある味わいがいいね!そろそろ満腹になってきたことだし、〆に寿司でもつまもうか。「鶴が亭」では新鮮なネタにこだわる握り寿司のほか、羅臼産ホッケや生ラムステーキなど北海道らしい味が楽しめる。大将、そろそろ店じまいなら一緒に飲もうよ!人情味あふれる夕張の夜、ニヒルな私はしばしお休みだ。

  • 店長は若いがおでんの味は堂に入ったおいしさだ。昆布やさば、にぼしを独自にブレンドしただしが決め手とか。
  • おでんは一品150円から。豚角煮と塩豚、コールスローなどが乗ったボリューム満点の「男丼」(奥・780円)も人気。
  • スープカレーにライス・サラダ・ソフトドリンクがセットで1,280円。スパイシーな味わいにサッポロヱビス黒のコクがよく合う。
  • 美人ママが笑顔で迎えてくれる「かしゅかしゅ」はアルコールからデザートまでメニューも多彩。
  • 夕張ラーメン800円。竹炭を練り込んだ黒い麺と黒醤油、キクラゲも乗って黒い石炭をイメージしているのだ。
  • 「夕張ラーメン」と「時代屋」は実のご兄弟。時代屋で飲んだ〆に夕張ラーメンというのもオツだねぇ。
  • 「鶴が亭」の10カン握り。新鮮なネタがズラリと揃って990円とはお値打ち!
  • 気さくなご主人とともに夕張にカンパーイ!元気なバリー屋台が町のパワーになってほしいね。

■バリー屋台 夕張市末広1丁目

●夕張ラーメン
[090-8897-7226]
[営業期間]11:00~21:00
[定 休 日]火曜日
昔ながらのあっさり系ラーメンは
食べ飽きないおいしさ。

●時代屋
[090-9527-6103]
[営業期間]11:00~22:00
[定 休 日]火曜日
函館直送のイカ料理のほか丼や
定食などガッツリ系が充実。

●かしゅかしゅ
[080-3292-8937]
[営業期間]月~金17:00~24:00
        土11:00~24:00
        日11:00~22:00
[定 休 日]木曜日(祝日は営業)
カレーやチーズフォンデュなど
洋風料理やドリンクが豊富。

●つるちゃん
[090-9433-3909]
[営業期間]月~金17:00~24:00
        土11:00~24:00
        日11:00~22:00
[定 休 日]木曜日
ジンギスカンやホルモン、
串焼きを肴にビールが進みます。

●でんおう
[営業期間]11:00~20:00
[定 休 日]水曜日/第1・3木曜日
味わい深いおでんは150円から。
自家製塩豚や角煮も人気です。

●鶴が亭
[0123-52-5552 ]
[営業期間]11:00~14:00/17:00~21:00
[定 休 日]水曜日
自慢の寿司をはじめ道産魚介の焼き物も
揃った気さくなお店。

●鹿の谷3丁目食堂
[0123-52-3338]
[営業期間]11:00~18:00/火曜日17:00~14:30
[定 休 日]不定休
夕張名物カレーそばなどおいしい
そば・うどんをお手頃価格で。

●ササ木ミート
[営業期間]14:00~23:00
[定 休 日]月曜日(最終週月火)
炭鉱マンも愛したホルモン焼や
ザンギを夕張ハイボールとともに。

店舗や営業時間・定休日は変更となる場合があります。詳しくは各店舗へお問い合わせください。

«  123

「ここがオススメ!」ゆうばり屋台村村長 橋場英和さん

橋場英和さん

サッポロクラシック‘12富良野 VINTAGE

ボクも大好きな「サッポロクラシック」の季節限定のお楽しみ、「富良野VINTAGE」が今年も登場するらしいよ!とれたての富良野産生ホップのい〜い香り、ドイツ伝統のホッホクルツ製法で作った麦芽100%の深い味わいとスッキリとした飲みやすさがいいね。この時期の北海道でしか味わえない特別なクラシックは、10月23日から数量限定で発売。こりゃ楽しみだね。
※2012年現在の情報です。

写真:川村 勲 / 文・構成:佐々木 美和

北海道デスティネーションキャンペーンって?

【こころにくる旅。】北海道デスティネーションキャンペーン

北海道デスティネーションキャンペーン

2012年7月1日(日) ~ 9月30日(日)

北海道デスティネーションキャンペーンHP
http://www.hokkaido-dc.jp

北海道デスティネーションキャンペーン「こころにくる旅。キュンと北海道」は、JRグループの協力のもと、北海道、北海道観光振興機構が中心となり、北海道の観光並びに農林水産関係団体・企業・マスコミ等が一体となって開催する大規模なキャンペーンです。今回のキャンペーンでは、ここでしかできないもの、ここにしかないものをテーマに、地元の食や体験を通して「北海道にしかない、新しい発見の旅」を提案します。イメージキャラクターは、エゾナキウサギをモチーフにした「キュンちゃん」。キュンちゃんと共に、ゆったりとした時間を過ごすスローステイの旅をお届けします。

キュンちゃんとは?

キュンちゃんはエゾナキウサギ。まあるい耳とつぶらな瞳が特徴の北海道にしかいない、たったひとつのキャラクターです。2011年からプレキャンペーンがスタートした「北海道デスティネーションキャンペーン」のイメージキャラクターとして、北海道にしかない“こころにキュンとくる旅”を応援します。

キュンちゃん

北海道ご当地トラベラーシリーズは北海道デスティネーションキャンペーンを応援しています。

北海道ご当地トラベラー