サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 北海道エリア(北海道) > キュンちゃんがナビゲートゆるゆる北海道紀行「北海道ご当地トラベラーZ」Vol.1

今井さんがゆく 洞爺湖グローバル紀行

今回のトラベラー サッポロビール(株) 今井俊之さん

北海道もようやく春めいてきたし、のんびり旅に出たいなあ……なんて思っていたら、おや?キミはキュンちゃんじゃないの。地図を取り出して指さしたのは洞爺湖エリア。なになに、ここなら地球サイズのでっかい旅が楽しめる?よーし、行ってみようじゃないの!

今井俊之さん
キュンちゃん

ジオマン

【第1話 洞爺湖ビジターセンター&火山科学館篇】洞爺湖のミッションを担う“白キャラ”に遭遇!

有珠山や昭和新山が今も噴煙をあげる洞爺湖周辺エリアは、景観的にも学術的にも貴重な地質遺産として高い価値がある地域。2009年にはユネスコが支援する「世界ジオパークネットワーク」の国内第一号「洞爺湖有珠山ジオパーク」として登録されたんだって!

洞爺湖のことがもっと知りたくなって、やってきました「洞爺湖ビジターセンター」。ワクワクしながら足を踏み入れると、そこには全身白すぐめの男たちが!思わず「キャーッ!!」なんて裏声で叫んじゃいましたよ!聞けば彼らは「ジオマン」。洞爺湖有珠山ジオパークの“ゆる”くないキャラ。あーーーもうびっくりした!


  • マネキン、じゃなかったジオマンの背後から登場したのは洞爺湖町の真屋俊春町長。「よッ!びっくりした?」ジオマンより町長のほうが“ゆるキャラ”かも?
  • マネキンじゃないよ、ジオマンだよ!カラダを張って洞爺湖有珠山ジオパークをアピールしているけど少々リアル過ぎ?子どもが泣いたりしませんか??

洞爺湖と有珠山の自然をリアル体験!

真屋町長とジオマンのエスコートでさっそくビジターセンター内を見学。ここは2008年の洞爺湖サミットのときにG8首脳夫人と世界15カ国から集まった中高生との交流会が行われた場所だとか。

床には洞爺湖周辺の巨大空撮写真が広がり、2000年の有珠山噴火のときの噴煙がリアルです……。洞爺湖周辺の動植物や有珠山の噴火石が標本やパネルで展示されていて、ふむふむなるほど!噴火石を実際に持ってみると、その重みにドキドキ。こんな石が降ってくるなんて火山は怖いね、地球はすごいね、ジオマン……いかなるときも表情を変えないジオマンだけど、強くうなずく白い顔に地球サイズの愛を感じるなあ~!

  • 「洞爺湖は約11万年前の火山活動から誕生したカルデラ湖でね、あの中島は大島、観音島……」洞爺湖を熱く語る真屋町長に今井さんも押され気味?
  • 「洞爺湖畔には大木があるけど、有珠山周辺は噴火の影響で樹木がまだ若いんですよ」。へぇ~。ところで後ろの白い人々、木と同化しすぎてちょっと怖いよ。
  • 吹き抜けの2階から見下ろすと洞爺湖の全景がよくわかるなぁ。背後でジオマンも思わずミッションを忘れて見学に没頭中。
  • 2000年の有珠山噴火で立ちのぼった噴煙をパネルで紹介。「この噴煙は3,000m。12,000mまで到達した1977年の噴火に比べれば低いよ~」。はあ、これでも低いですか……。
  • 1977年、上空12,000mまで噴煙が到達した噴火で噴き出た軽石を持ってみると、えーっこんなに軽いの?!「軽石ですからね。これが洞爺湖一面を真っ白に覆ったんですよ」

【ここがポイント!】有珠山噴火をリアル体験!「火山科学館」

真屋町長とジオマンのもうひとつのおすすめスポットが「火山科学館」。洞爺湖ビジターセンター内に併設されていて、有珠山の火山活動を展示や映像で体感できるのだそう。1977年の噴火を体験できる空間や、噴火被害を伝える実物展示など、活きている火山の威力をリアルに実感できるコーナーがいろいろ。わたしも北海道暮らし3年目に入ったけど、北海道ってやっぱりすごいんだなあ、と実感。やっぱり自然災害は怖いね。家に帰ったら改めて避難袋を点検しなくちゃ!

  • 床のガラス下には2000年の噴火に伴う実物資料が。今井マネージャーがこわごわ覗き込んでいるのは、溶岩でぐにゃりと曲がった室蘭本線のレールです。
  • 火山岩が飛んできたらクルマの屋根もペシャンコだよねぇ……
  • 有珠山噴火の記録映像を3面マルチスクリーンで鑑賞できる「シアター有珠山」。ゴゴゴゴゴ……と地鳴りと噴火音が響きます。

●洞爺湖ビジターセンター
洞爺湖町洞爺湖温泉 [TEL/0142-75-2555]
[開館時間]9:00~17:00
[休 館 日]11/31~1/1
[入 館 料]無料
洞爺湖と周辺の動植物、有珠山の火山活動の様子などがよくわかるネイチャーミュージアム。
床には洞爺湖の空撮写真、天井には湖の水深を現すオブジェが浮かぶ、凝った展示も見応え満点。

●火山科学館
洞爺湖ビジターセンター内 [TEL/0142-75-2555]
[開館時間]9:00~17:00
[休 館 日]12/31~1/1
[入 館 料]大人600円 小人300円 (団体15名以上10%引き)
活きている有珠山の火山活動を、1977年と2000年の噴火のようすを中心に、実物資料や映像、
体験装置などでリアルに紹介しています。震災後の今こそ役立つ自然災害時の避難の心得も。

洞爺湖は自然とアートが響きあう、彫刻の湖。2話へ続く

234  »

「ここがオススメ!」サッポロビール(株) 今井俊之さん

今井俊之さん

サッポロクラシック 北海道デスティネーション缶

サッポロクラシック 北海道デスティネーション缶

ファインアロマホップ100%のおいしさで私も大好き!観光客のみなさんにも大人気!北海道限定生ビール「サッポロクラシック」に、この夏だけの「北海道デスティネーション缶」が登場。JR北海道の人気列車「富良野・美瑛ノロッコ号」「くしろ湿原ノロッコ号」「SL函館大沼号」がデザインされていて、鉄道ファンも見逃せませんね。数量限定発売なのでお早めにどうぞ!
※2012年6月現在の情報です。

写真:川村 勲 / 文・構成:佐々木 美和

北海道デスティネーションキャンペーンって?

【こころにくる旅。】北海道デスティネーションキャンペーン

北海道デスティネーションキャンペーン

2012年7月1日(日) ~ 9月30日(日)

北海道デスティネーションキャンペーンHP
http://www.hokkaido-dc.jp

北海道デスティネーションキャンペーン「こころにくる旅。キュンと北海道」は、JRグループの協力のもと、北海道、北海道観光振興機構が中心となり、北海道の観光並びに農林水産関係団体・企業・マスコミ等が一体となって開催する大規模なキャンペーンです。今回のキャンペーンでは、ここでしかできないもの、ここにしかないものをテーマに、地元の食や体験を通して「北海道にしかない、新しい発見の旅」を提案します。イメージキャラクターは、エゾナキウサギをモチーフにした「キュンちゃん」。キュンちゃんと共に、ゆったりとした時間を過ごすスローステイの旅をお届けします。

キュンちゃんとは?

キュンちゃんはエゾナキウサギ。まあるい耳とつぶらな瞳が特徴の北海道にしかいない、たったひとつのキャラクターです。2011年からプレキャンペーンがスタートした「北海道デスティネーションキャンペーン」のイメージキャラクターとして、北海道にしかない“こころにキュンとくる旅”を応援します。

キュンちゃん

北海道ご当地トラベラーシリーズは北海道デスティネーションキャンペーンを応援しています。

北海道ご当地トラベラー