サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ホーム > お店とエリア > 中国・四国エリア(岡山・広島・島根・鳥取・山口・徳島・香川・高知・愛媛) > 山口で味わう「下関・周南のふく・あんこう」

海に囲まれた山口県のごちそう

冬の味覚の王様・ふぐを山口県では「福」に通じることから「ふく」とよぶ。かつて豊臣秀吉が食用を禁止したふくが、伊藤博文により下関で解禁されたのは明治時代。以降、海藻や稚魚が豊富でふくの生息に適した下関・周南の海域では、ふく漁が盛んに行われてきた。

漁の一般的な方法とされる「延縄漁法」も、周南市粭島発祥の漁法として知られている。締めてから寝かせることで旨味成分が増加するふく。おなじみの刺身であれば、下関特産の香り豊かな安岡ネギとポン酢の酸味が、ふくの甘味や旨味を一層際立たせる。

また、ふくと並んで近年注目を集めるのが、深海魚のあんこう。下関はあんこうの水揚げ量日本一でも知られ、「海のフォアグラ」とよばれるあん肝のおいしさは、ふくの白子にも負けないほど。ふくとあんこう、いずれも海とともに暮らす山口県ならではの贅沢な味わいだ。

美味しい「下関・周南のふく・あんこう」が食べれるお店

※ヱビス瓶のみお取扱いの飲食店様もありますので、詳細はお店にご確認下さい