サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ

ビールお届け【後編】

完成した4種類のビールの飲み比べをした森上さんと醸造家野口。2人の感想を聞いてみましょう。

森上さんだからこそできた、こだわりのビール

野口①番のビールは、技術陣も味わいがあってマイルドで、出来は非常にいい、と言っていました。今回は、ビールの知識が多い森上さんだからこそできたビールですね。

森上①番はちょっと他にないですよね。そういうビールにしたかったんです。作る意味があったと思います。ホップに頼らず完成度が高いと思います。②番は他にありそうな感じですよね。何かに似ていると言われそう。でもかなり美味しいです。

野口ラベルはどんなイメージで作ったのですか?

森上好きな色のグリーン系で、シリーズだとわかるように数字を入れてもらいました。
記念品ではなく、売っていてもおかしくないようなデザインにしました。だから自分の名前(produced by Y.MORIGAMI )は小さく入れています。
番外編というイメージを入れたかったので「百人のキセキ」の文字も入っています。サッポロビールの★マークも入れてもらいました。こだわりがあった麦の香りがネーミングになりました。

野口なるほど、そういうイメージがあったのですね。

森上今回できたものは素晴らしいと思います。自分の希望を設計してもらったのはいい経験でした。①番のような他に売っていないビールができた、というのはすごくうれしいです。自分が知る限りこのビールは他にないです。

さすがプロのテクニックですね。野口さんの手腕です!ネットで少量販売でも世に出たらすごいと思います。冷蔵庫とワインセラーで保管して2種類の温度の違いも楽しんでみたいです。

お遊びじゃない、本気で作った贅沢ビール

野口本当に贅沢なビールづくりをやれたと思います。通常は、複数のレシピでテスト醸造をして、味を調整していきますが、今回は1発勝負。森上さんのイメージに適したビールを、1発で仕上げるために私もいろいろとレシピを試行錯誤しました。

森上さんたちに仕上げていただいた麦汁も、那須工場のメンバーに発酵段階の状況経過を聞きながらいろいろ調整して今回の味にたどりつきました。東京の本社から那須工場へ指示するのも、意外と苦労しました(笑)。

森上仕込の時に使用した麦芽の量が通常より多かったですし、4種類もつくらせていただきましたから、贅沢なことをさせてもらったのはわかりました。

野口ビールづくりは、発酵が大事なんです。人間と一緒で酵母も生き物ですから、環境によって状態が変わってしまいます。人間も暑いと食欲がなくなってしまったりしますよね、酵母も温度などの条件によって、発酵の具合が変わってくのです。その発酵状態を判断するのが難しいんですよ。

那須工場の「手づくりビール工房」のような小さなところでつくって、これだけの品質のものができたのはすごいことだと思います。那須工場スタッフの協力あってこそでした。あのような小さなスケールで作ったのは会社としても挑戦でした。採算度外視のチャレンジでしたが、レベルの高いものが出来上がって良かったです。

普段は自分が主導で作ることが多いですが、今回は勝手が違った分、新しい発見も多かったです。
私も勉強させていただきました(笑)。

醸造家が特別にレシピを作り、サッポロビール那須工場でビールづくりを体験し、味や色も自分の希望が再現されたビールを飲む。ビール愛好家にとっては最高のプレゼントになったのではないでしょうか。
この後も熱いビール談義は、しばらく続きました。

次はどんなプロジェクトが登場するか、ぜひ今後の「百人ビール・ラボ」の動きにもご注目ください。

ビールお届け【前編】

  • 概要
  • 企画会議【前編】
  • 企画会議【後編】
  • いざビールづくりへ
  • ビールづくり【前編】
  • ビールづくり【後編】
  • ビールお届け【前編】
  • ビールお届け【後編】
  • 百人ビール・ラボとは


トップに戻る